20年前の古い時計の修理はできる?どこで、いくら?

古い時計の修理について

20〜30年前の古い腕時計の修理で「どこへ出していいのか分からない」「1度メーカーに修理を断られたけど、どうにか修理したい」って方はいませんか?

古い腕時計の修理についてお話しします。

古い腕時計の修理はメーカーや時計販売店などに依頼した場合に、断られるケースが多くあります。

なぜなら、”メーカーの規定内の修理”しか対応できないからです。

また、基本的に補修部品を流用したり部品を加工して修理することもしません。これは日本全国どこで修理を出されても、均一の修理サービスを行うためなのです。

でも諦めないで下さい、メーカー修理を断られても時計修理専門店が有ります!

配送修理おすすめ老舗専門店:時計修理工房

メーカー修理を断られるケースは?

メーカー修理を断られるのは、補修部品が入手出来ない場合がほとんどです。

国内時計メーカーでは”補修用性能部品の保有期間を7年間”と規定しているため、生産終了後10年を過ぎると部品が無くなり修理不可になるケースが増加します。

しかし、時計のデザインが変わっても同じムーブメント(中の機械)が継続して生産されている場合は内部の機械的修理は可能です。(機械式、クォーツ)

ただし、外装パーツ部品はストックが無くなりやすく、交換が必要な場合は修理不可になる可能性が高くなります。

外装パーツとは:ケース(時計本体)、リューズ、プッシュボタン、ベルトなどです。

ーー機械式時計の場合

機械式時計では油切れなどの通常のオーバーホールは基本的に長期にわたり修理が可能ですが、例外的に断られるケースもあります。

それはムーブメントに”サビ”が出ている場合などです。

いちどサビが発生すると進行を止めることが難しいので、基本的にはムーブメント交換修理になります。その時に同じムーブメントが無く交換が出来なければ修理不可になる場合があります。

クロノグラフなどはボタンなどのパッキン劣化により湿気が入りやすいので定期的なオーバーホールをおすすめします。

機械式時計のサビは致命的なトラブルになるので注意してください

修理不可になりやすい時計は?

  • 時計の購入後30年以上過ぎている(特にクオーツ時計)
  • 文字盤、リューズがあきらかにサビている(文字盤がサビていると、中の機械もサビている可能性が高い)
  • 購入後10年以上過ぎている時計の外装パーツが腐食、欠品している(時計本体、リューズ、ベルトなど)

以上に当てはまる場合は、メーカー修理では断られやすくなります。

時計修理専門店があります

腕時計の修理はメーカーにしかできないと思っている人がほとんどだと思いますが、配送で修理をする時計の修理専門店も多くあります。

メーカー修理を断られた場合は、修理専門店で見積もりをしてみましょう。

お気に入りの腕時計の修理をあきらめないでください!

こんな修理も可能です

  • メーカー修理より安く修理したい
  • 防水性が無くても動けばいい
  • 外装パーツのキズが残ってもいい
  • 交換部品が無ければ代用の部品でもいい

などです。

完璧な修理では無くても”どうしてもお気に入りの時計なので使いたい”という人に修理専門店はおすすめです。

無料見積もりをしてみる

修理専門店は基本的に配送での無料見積もりをしているお店が多数なので、メールなどで申し込んでみましょう。

最近では見積もり用の”配送パック”が用意されているお店もあり、専用ボックスやエアパッキンも送ってくれるので段ボールなどを用意する必要もなく便利です。

>>無料見積もりの流れを見てみる:時計修理工房

ご注意修理の見積もりをするためにはコンディションや交換部品のチェックなどに分解作業などが必要なので見積もりが出るまでに約2~4週間かかります。

料金は幾らくらい?

 参考料金 3針時計 クロノグラフ
ロレックス 39800~ 46000~
舶来時計 29800~ 39800~
SEIKO 18000~ 25000~ 
その他 18000~ 25000~ 

上記はオーバーホールの参考料金です。ただし、それぞれ症状が違うのであくまでも目安と考えてください。

交換部品が必要な場合は部品代が別途かかります。

私の時計も修理専門店で修理しました。

私もメーカー修理不可の腕時計2本を修理専門店にて修理しました。

ーー「古いハミルトン」
あまり高価でないハミルトンなのですが、レマニア5100というムーブメント(機械)が使われている時計でメーカー修理が出来ませんでした。

何年もそのままにしていたのですが、初任給で購入した思い出の時計なので防水が全くない状態ということでしたが配送で修理専門店にてオーバーホールしました。
(修理費用は約4万円)

こちらでご紹介しています「ハミルトンの機械式クロノグラフをレビュー【レマニア5100】

ーー「レオニダス」
レオニダスというブランドの手巻きアラーム時計ですが、その時計ブランド自体がもう無いので修理専門店でオーバーホールしました。

手巻きの味わいのある腕時計なのですが、防水性能が元から低く文字盤に少しサビが出ていますがちゃんと動いています。
(修理費用は約3万円)

こちらでご紹介しています「「レオニダス」手巻きアラームウオッチをレビュー

どちらの時計もパッキン部品が無く、防水性能の保証が無いオーバーホールでした。私はオーバーホールして頂けるだけで嬉しく、今も大切に使っています。

古い国産時計も対応可能な修理店をご紹介

多数の修理専門店がありますが、多くはロレックスなど舶来時計や高額のブランド腕時計をメインにしています。

国産時計も対応してくれる修理専門店を探している方に、信頼できる専門店をご紹介します。

時計修理工房」は創業44年で修理実績も多く、国産時計も修理対象となっています。利益があまり取れない古い国産時計も対応してくれるなんて、とても素晴らしい修理専門店だと思いご紹介しました。

時計修理工房公式サイトはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です