20年前の古い時計の修理はできる?どこで、いくら?

古い時計の修理について

20〜30年前の古い腕時計を修理したいけど、どこへ出していいのか分からない、

また、1度メーカーに修理を断られたけど、どうにか修理したいって方はいませんか?

古い腕時計の修理について、お話します。

時計修理はメーカーや時計販売店などに依頼した場合、古い腕時計の修理を断られるケースが多くあります。

なぜなら、メーカー修理では一定の精度が保証出来ないと修理をしないからです。また、基本的に補修部品を流用したり、足りない部品を加工して修理することもしません。

これは、日本全国どこで修理を出されても均一の修理サービスを行う為なのです。

でも諦めないで下さい、メーカー修理が出来なくても、時計修理専門店が有ります!

あなたはずっと修理に出そうかどうかと、迷っていませんか?まずは修理不可になる可能性について解説します。

メーカー修理を断られるケースは?

メーカー修理を断られるのは、補修部品が入手出来ない場合がほとんどです。

一例を挙げると、国内時計メーカーは補修用性能部品の保有期間を7年間と規定している為、生産終了後10年を過ぎると、部品が無くなり修理不可になるケースが増加します。

しかし、時計のデザインが変わっても、同じムーブメント(中の機械)が継続して生産されている場合は機械的修理は可能です。

ただし、外装パーツの交換が必要な場合は修理不可になる可能性が高くなります。(外装パーツストックが少ない為)
外装とは:ケース(時計本体)、リューズ、プッシュボタン、ベルトなど」

機械式時計ならオーバーホールすれば基本的に大丈夫ですが、例外もあります。

特にムーブメントに錆が出はじめた場合などです、錆は進行を止める事が難しいので基本的にはムーブメント交換修理になります、その時に同じムーブメントが無く交換が出来なければ修理不可になる可能性が高くなります。

機械式時計の錆は致命的なトラブルの元になるので注意してください。

メーカー修理不可になりやすい一例

  • 時計の購入後30年以上過ぎている場合。(特にクオーツ時計)
  • 文字盤、リューズがあきらかに錆ている場合。(文字盤などに錆が出ていると、中の機械も錆ている可能性が高い為)
  • 購入後10年以上過ぎており、外装のパーツが腐食、欠品している場合。(時計本体、リューズ、ベルトなど)

以上に当てはまるかチェックしてみて下さい。

メーカー修理を断られても、時計修理専門店があります!

メーカー修理は規定があるので、どこで修理を出しても均一の修理サービスを受けられる反面、融通が効きにくいので修理を受け付けてもらえない場合も多くあります。

しかし諦めるのは早いです!

メーカー修理を断られた場合は、修理専門会社に依頼をしてみましょう。

修理出来る場合でも注意が必要です

  • パッキン不良で交換部品が無い場合は、防水性が一切保証無しになる。
  • 外装パーツが無い場合は、内部のムーブのみ修理、外装はそのまま。
  • ベルトが不良の場合、ベルト部品が無ければ違う形のベルトに交換。
  • リューズが腐食しており、部品が無ければ違う形のリューズを流用して修理。
  • カットガラス(多面カット)の場合、普通のフラットなガラスに交換。

などが一例です。

普通に考えると完璧な修理では無いのですが、メーカー修理では対応してくれない他の時計の部品を流用して修理をしてくれたり、保証は付きませんが出来るだけの修理をしてくれる場合もあります、もちろんお客様が了承した場合のみです。

無料見積もりをしてみましょう

古い時計を修理したいなら、修理専門店で行っている無料見積もりをおすすめします。

ご注意:修理の見積もりは時計のコンディションや交換部品のチェックなど時間がかかる作業なので、見積もり後、修理をしない場合などは、見積もり料金の費用負担が必要な場合があります。

料金は幾らくらい?

時計の修理料金の大まかな目安です。

 参考料金 3針時計 クロノグラフ
ロレックス 39800~ 46000~
舶来時計 29800~ 39800~
SEIKO 18000~ 25000~ 
国産時計 18000~ 25000~ 

修理料金の参考料金です。
ただし、時計一点一点それぞれ症状が違うので目安と考えて下さい。

なお、交換部品が必要な場合は部品代が別途かかります。

私も自分の時計を修理専門店で修理しました。

私もメーカー修理不可の腕時計2本を修理専門店にて修理しています。

1本目はハミルトンなのですが、レマニア5100というムーブメントで正規店では修理対応外になっている為。
(修理費用は約4万円)

2本目はレオニダスというブランドの手巻きアラーム時計ですが、その時計ブランドがもう無い為。
(修理費用約3万円)

どちらも、パッキン系の部品が無く、防水性能の保証が無いオーバーホールです。それでもオーバーホールして頂けるだけでも嬉しく、今も大切に使っています。

古い国産時計も無料見積もりが可能な専門店をご紹介します。

多数の修理専門店がありますが、多くはロレックスなど舶来時計、高額ブランド時計をメインにしています。

国産時計も対応してくれる修理専門店を探している方に、信頼できる専門店をご紹介します。

時計修理工房」は創業44年で修理実績も多く、国産時計も修理対象となっています。利益があまり取れない古い国産時計も対応してくれるなんて、とても素晴らしいと修理専門店だと思います。

信頼の老舗専門店時計修理工房公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です