アグファOPTIMA1035、フィルムカメラを楽しむ!

アグファ・オプチマ1035

最近は私もほとんどデジタルカメラを使っていますが、

最近になって、フィルムカメラもまた少し人気が出てきてるようです。

私のお気に入りの

フィルムカメラを紹介します!

もうフィルムなんて作ってないでしょ!?って聞かれることが多くなりましたが、

まだちゃんとフィルムは作られていますよ。

ただ、以前のように安くはないですが. . . 

スポンサーリンク

フィルムカメラ使ったことありますか?

30代以上の方は皆さん使っていたと思いますが、若い方はフィルムなんて使ったこと無いって方も多いですよね!?

今はデジタルカメラやスマホで写真を撮るのが当たり前で、いちいち現像、プリントをしないと写真が見れないフィルムカメラは絶滅寸前です。

20年前くらいはデジタルカメラはおもちゃみたいな画質でしたが、現在はフィルムを抜き去る高画質です、では、フイルムカメラの存在はなぜ?

フイルムの良いところ

デジタルとちがいフィルムはその場では撮った写真が見れません、

失敗しないように露出、構図、シャッターチャンスを狙って撮った写真はとても心がこもっています、だから一枚の写真に思い入れができるのです。

また、失敗の写真が面白い結果となる場合もあったりします。

また、プリントされた写真はモニターで見る写真より暖かみがあり、人物がより生き生き見えます。

フィルム撮影ではその場で見れないですが、何日後かにフィルムを現像してプリントを見た時に、楽しかった思い出もよみがえります!

アグファOPTIMA1035とは

私のカメラはオプチマ1035というカメラです。

アグファはドイツの有名なフィルムメーカーで、日本ではあまり見ませんがカメラも作っていました。

よくあるプログラムAEカメラです、誰でも使えるかんたんな押すだけのカメラです。

1977年に発売され、3種類のバリエーションがありました。
オプチマ335、535、1035の違いは、シャッタースピードとセルフタイマーの有無です。(その他、日本国内で正式発売されていないタイプもあります)

  シャッタースピード セルフタイマー
335 1/300 無し
535 1/500 無し
1035 1/1000 有り

オプチマ1035のスペック

【アグファ・オプチマ1035センサー】

  • 「発売日」
       
    1977年(昭和52)
  • 「レンズ」
       
    SOLITAR S 40mm F2.8 
  • 「フォーカス」
       
    3点ゾーンフォーカス
  • 「ファインダー表示」
       ゾーンフォーカスマーク、指針
       アルバタ式ブライトフレーム
       視差(パララックス)補正ガイド
       LED露出表示(赤、緑ランプ)
       ファインダー倍率0.8 
  • 「露出」
       
    シャッター速度15~1/1000
       プログラムAE
       ASA(現在のISO)25~400
  • 「サイズ:重量」
       
    104×69×56 :260g
  • 「その他」
       
    フィルター径:49mm
       電池 MR9(H-D)3個
      (生産終了、アダプターで対応)
       専用ストロボ OPTIMA OP-10
  • 「生産国」
       made in Germany

外観

オプチマ1035 正面オプチマ1035 裏

オプチマ1035オプチマ1035 中

オプチマ1035 電池室オプチマ1035 ファインダー

特徴

「シャッターボタン」

派手なオレンジ色をした大きなシャッターボタン、巻き上げレバーと一体化されてます。

シャッターボタンは非常に薄いのですが電子レリーズではなくメカニカルレリーズです。シャッターストロークは非常に短く、軽い。

「独特の巻き戻し」

このカメラには巻き戻し用のクランク類が一切なく、最初は巻き戻し方法が分かりませんでした。

巻き戻しはシャッターボタン横の切り替えボタンをRにするとギアが切り替わり、巻き上げレバーで巻き戻しできるんです。

「フィルム装填方法」

なんと、この時代にオートローディング機構になっています。本体左側の矢印があるスリットにフィルム先を差し込み、そのまま巻き上げるだけで完了です。

コンパクトカメラなのに、こだわりの機構が満載で、デザインも可愛いんです!

欠点

このカメラは電池関係が最大の欠点になっています。

まず、電池室が本体内にあり、裏ブタを開けないと交換できないので撮影途中で切れると交換できない。

さらに、現在では入手困難なHD電池(水銀電池)を3個も使用している、アダプターで対応できるが値段が高く3個で9000円ほどします。

最後に

若い頃は自宅のアパートでモノクロを自家現像、プリントをしていたのですが今ではデジタルばかりです。

ゆっくり出来る時間があれば、またフィルムで撮りたいと思っています。

デジタルには無い、ゆらぎの有る写真が撮れるのがフィルムの良いところです。

フイルムカメラを使ったことが無い方は一度使ってみてください、面白い写真が撮れると思います!

手軽な、使い捨てカメラもおすすめです。

photo by watch-mix

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です