知っていました?腕時計を拭くだけでトラブルを防げます!

時計 全体拭き

あなたの腕時計は毎日、汗やホコリにさらされています。

毎日、かんたんに時計の拭き掃除をすることでトラブルを未然に防ぐことができます。

どうして拭き掃除が良いのか?

時計はどうしても肌に直接着けるので、皮脂よごれや汗が時計について知らない間によごれが溜まってしますのです。

よごれは時計にとって大きなトラブルの一番の原因になります。

また、時計についたよごれがイヤな臭いの原因になったり、金属アレルギーを発症する原因になる場合もあるので、毎日拭き掃除できれいにする習慣をつけておきましょう。

スポンサーリンク

知っていました?本当はサビるステンレス

ステンレス=サビない
と思われていますが、本当はサビてしまうコトもあるんです!

「ステンレスは表面に薄い酸化被膜(さんかひまく)をつくり耐食性を強くしているのですが、酸化被膜をつくるのに酸素を必要とするのです。」

そうです!よごれが溜まってしまうと酸素と結びつくことが出来なくなり酸化被膜をつくれずサビてしまうのです!

時計のケース(本体)がサビてしまった場合は非常に高額の修理になったり、最悪は部品が無く修理不可能になってしまうコトもあります。

また、ベルトをつないでいるピンがサビてベルトが外れて、時計を落下させて壊してしまう可能性もあります。

なので、毎日の拭き掃除をおすすめしているのです。

トラブル回避の拭き掃除方法

本当に簡単なことです、自宅に戻った時に数分間でできます。

まず拭き掃除をする前に、全体を簡単にチェックしてください。ポイントはキズ、ヨゴレ、時間のズレなどを確認してください。

全体をチェックすることで、大きなトラブルになる前に修理などの対策ができます。

時計 全体チェック

  • キズ:ガラスやケース(本体)などにキズが無いかチェックしましょう、知らずにぶつけていることもあります、竜頭も忘れず見てください。
  • ヨゴレ:とくに夏場は汗をかきやすいのでよごれが溜まります。ケース裏、ベルト裏をていねいに拭いてください。
  • 時間のズレ:遅れ、進みをチェック。

全体をチェックしたら、セーム革(クロスなど)でキレイに拭いてください、すき間や細かなところには届きませんが、サッとで結構です。

毎日、手で拭いているとベルトのゆがみや大きな傷などは指先の感触で分かるようになるんです。

時計 全体拭き時計六時側拭き-1

毎日の拭き掃除と数分のチェックでトラブルを防ぎましょう!

チェックで見つけた、こんな時は?

  • ガラスにキズ(割れていたら迷わず修理に出してください)
  • ケース(本体)、ベルトにキズ
  • ヨゴレ?変色?一部の色がちがう
  • 時間が大きく遅れている
  • 秒針の動きが数秒おきに進む

「ガラスのキズ」時計のガラスは数種類あります、サファイアガラス以外は擦り傷が付きやすくどうしてもキズがつきます。

ガラスキズ-1

サファイアガラス以外は交換費用も比較的安いのでどうしても気になるようなら時計店でガラス交換の相談をしてください。

「ケース、ベルトにキズ」SS(ステンレス)のケースやベルトなら小傷くらいはセルフケアも可能ですが、ケア用品が必要で難しいので初心者の方にはおすすめできません。どうしても気になる場合は時計店で相談してください。

ケースキズメタルベルトキズ

「変色している」金色のメッキや黒塗装の時計は汗やヨゴレに弱く変色しやすいので気を付けましょう、汗やヨゴレをこまめに拭いて予防しましょう。

ベルトの一部ならベルト調整時に外したコマ(ベルトの部品)で交換できる場合もあります。ケース(本体)は基本的に変色した場合、ケース交換修理などでしか対応できません。

「時間の大きな遅れ」クォーツ時計(電池)の場合は電池消耗の可能性が大きいのですが、電池交換しても遅れる場合は故障や磁気帯が考えられます。

特に機械式の時計は強い磁気帯の場合は磁気抜きという修理対応が必要となります。

自動巻き(オートマチック)の場合はデスクワークの方など活動量が少なく巻き上げ不足のケースも多いので時計をつける時に手巻き付きなら30回ほど巻き上げてからつけてみてください。

(手巻き機構が無い場合は左右に60回ほど往復するように振ってください)

「秒針が数秒ごとに進む」クォーツ、ソーラー(光発電)時計は電池残量が低下したことを知らせる機能として秒針の変則運針(数秒ごとに進む)という機能がついています。

クォーツ時計なら電池交換を、ソーラー時計なら一日ほど太陽光が入る場所に置いておきましょう。

あれば便利なメンテナンス用品

あると便利なメンテナンス用品です。(掃除用)

メンテナンス用品(ネーム有)-2-1

  • セーム革:(メガネ用クロス、カメラのレンズ用クロスでも良い)
  • ブラシ :(使い古しの歯ブラシでも良い)
  • ブロアー:(カメラ用のホコリを吹き飛ばす用品)
  • つまようじ、竹串

<使いかた>

「ケース、ベルトをセーム革でキレイに拭く」

時計 全体拭き

「裏側のすき間はブラシ、ガラスのフチなどはつまようじなどで掃除」

ブラッシング アップつまようじガラスフチ掃除-アップ-2

「すき間などブロアーで吹き払う」

時計 ブロアー掃除-1

などに使います、そろえておけば簡単にキレイに掃除ができて便利です。

ブロアーは無くてもいいですが、あればすき間のホコリを簡単に取ることや、水分を飛ばせるので購入をおすすめします。

おすすめのメンテナンス用品の使い方を簡単にご紹介しました。

最後に

毎日のメンテナンスはチェックと簡単に拭き掃除をして、よごれを取るだけで時計のトラブルを未然に防ぐことができるので毎日の習慣にしましょう。

また、時計のよごれはシャツの袖口を汚したり、よごれの雑菌で肌荒れになったり、金属アレルギー発症の原因になるケースもあるので時計の掃除はとても大事です。

本当はステンレスもサビるのです、拭くだけでサビを防げます。

photo by watch-mix

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です