簡単で効果抜群の掃除方法!【腕時計】

効果的な掃除方法

誰でもできる、かんたんで効果的な腕時計の掃除方法を紹介します。

半年に一度は細かく掃除を!

腕時計は掃除しておくと良いことがたくさんあります。

時計が長持ちするのはもちろん、装着感が良くなり、汚れによるアレルギーも出にくくなります。

金属ベルト時計のおすすめの掃除方法です、

本当にかんたんなので試してください。

スポンサーリンク

掃除に必要なもの

金属ベルト 掃除

  • 歯ブラシ(使い古しで良い)
  • つまようじ
  • クロス(メガネ用クロス、セーム革など)
  • (プリンター用紙、コピー用紙など)
  • ブロアー(写真用品)

これだけでピカピカに、ベルトの動きも滑らかになります。

掃除方法

  1. 最初はブロアーで全体のホコリを払い、細かなゴミを吹き飛ばして下さい。ブロアーが無い方はクロスで優しく払って下さい。

    ゴミ ブロアー吹き飛ばし

  2. 全体の汚れを拭いてください。拭きながらこびりついた汚れをチェックしましょう。

    全体を拭く

  3. 時計ケースやベルトの裏側から歯ブラシでブラッシング、拭き掃除で取れなかった汚れた場所を念入りに!

    歯ブラシで裏から掃除

  4. 細かな段差やガラスのフチなどをつまようじで掃除しましょう、ケース裏の刻印やベルトサイドの穴も忘れずに。

    ガラスふちなど掃除

  5. コピー用紙などで、ベルトのスキマやバックルのスキマなどについた皮脂汚れを拭き取ります、これで、夏場などワイシャツの袖口が汚れることがなくなります。

    ペーパーすき間掃除ペーパーアップ

最後に細かく残っているホコリをブロアーで吹き飛ばし、もう一度全体を拭き上げてください。

以上で終了です。

*ベルトを時計本体から外して掃除をすれば一番良いのですが、工具や多少のコツが必要なのでまずはベルトをつけたまま、この掃除方法をしてみて下さい。

注意すること

  • 最初にブロアーで細かなゴミを吹き払いましょう、硬いゴミが付いたまま拭くとキズをつけてしまいます。
      
  • 時計のケースは案外かんたんに細かなすり傷が付きやすいので、ブラシでのブラッシングは必ず裏側からしてください。
    何回もブラッシングをくり返していると硬そうなステンレスでも、キズでくもってしまいます。
       
  • メラニンスポンジ(激落ち○○)は絶対に使わないこと、メラニンスポンジはヤスリと同じなので、細かなキズを付いてしまいます。
        
  • あまりにも古い時計のベルトを入れ歯洗浄剤などに漬けて洗うと、キレイには成るのですが、割りピン(ベルトを留めているピン)の抵抗が少なくなり抜けてしまうトラブルもあります。
          
  • 市販の洗浄スプレーなどをベルトに使う場合は時計本体を外すか、本体をラップなどで保護しましょう。

最後に

毎日かんたんに拭くだけでも、時計のトラブルを未然に防ぐことができますが、

金属ベルトのスキマや本体裏の刻印に詰まった汚れを取るとつけ心地の改善、汚れに反応するアレルギー発症の原因予防にもなります。

普段は拭き掃除だけで、十分ですが、

半年に一度はしっかり掃除をしてみましょう。

男の傑作品 メンテナンス大全集 MEN’S EX特別編集

photo by watch-mix

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です