腕時計の電池交換の相場とおすすめ店

電池交換費用イメージ

腕時計の電池交換をしないといけないけど費用がいくらか?

どこで電池交換するの?という疑問にお答えします。

電池交換の費用や時間は国産時計や舶来時計、さらに時計のブランド、防水性能の違いで大きな差が出ます。

お住いの地域、店舗でも料金設定の違いがありますので、おおまかな相場のめやすとして解説します。

スポンサーリンク

電池交換費用のめやす

  生活防水 10気圧防水~ 100m防水~
国産時計  1000~1500円  2000~3000円  3000~5000円
舶来時計  2000~3000円  3000~5000円  3000~5000円
交換時間
 約30分  2週間前後  2週間~3週間

くらいを目安に考えてください。

  • 生活防水でも一部の高級舶来時計はお預かりになる場合もあります。
  • 10気圧防水以上の腕時計は基本的には、電池交換時に防水テストをおすすめしているので費用と時間がかかります。一般の時計店には試験機が設置されていないことが多く、2週間前後の預かり期間が必要となります。

電池交換のおすすめ店

腕時計の電池交換を受け付けている一例

  • 時計店
  • 量販店時計売り場
  • デパート時計売り場
  • メガネ店、靴修理店など

私の1番のおすすめ店はカメラ系量販店(〇〇カメラ)での電池交換です。

最近は中規模以上の店舗では時計修理技術士の方が常駐して電池交換、ベルト交換をされています。しかも料金設定も比較的安く、もちろんポイントも使えてお得です。

その他では、商店街に昔からある時計店です、やはり長年の経験から仕事が早く丁寧で、料金設定も安い店が多く見受けられます。

やはり、時計修理技術士の方や長年時計販売している店舗の交換作業は、適切に早くできて安心です。確かな技術と適切な専用工具を使用するのでキズを付けられる可能性もほとんどありません。

電池消耗が早くなった

電池交換しても以前より早くとまるような、、?

愛用して10年以上の腕時計などは中の機械が油切れをおこして消費電流が過大となり、電池交換をしても半年ほどで止まってしまうケースが多くなります。その場合はクォーツ時計でもオーバーホールをおすすめします。ただし、交換部品が必要になる場合は補修部品がすでに無く修理不能になる可能性もあります。

大切にしていた時計が調子悪くなるのは本当に悲しくなりますね、個人でも出来る簡単なメンテナンスとして拭き掃除をおすすめします。

おすすめの簡単な掃除方法です「知っていました?腕時計を拭くだけでトラブルを防げます!

激安交換の店は大丈夫?

電池交換が500円という店、1000円以上する店など色々ありますが、何が違うのでしょうか?

激安店はアルバイトの方や販売員が電池交換する場合が多く、スタッフの技術の差が非常に大きく時計にキズを付けられたりする可能性も高くなると思います。

腕時計は10気圧防水以下なら比較的簡単に電池交換できる構造になっており、時計用工具と多少の知識があれば簡単にできるのですが、適切に作業を行わないと時計の寿命を短くしていまいます。
では、金額の違いは何かというと、1番は信頼性が違います。確かな技術と適切な工具が非常に重要です、誤って時計を壊されるおそれが少ないのです。

さらに、防水に重要なパッキンを交換したりパッキンにシリコンオイルを塗ってくれたり、電池交換だけで無く見えないサービスもしてくれています。ただ交換するだけでなく、時計の状態によりオーバーホールなどの適切なアドバイスもしてくれたりします。

大切な時計の電池交換は時計修理技術士の方がいるお店にしましょう。

最後に

腕時計の電池交換は多少の費用がかかりますが、大切な時計は止まったままでなく電池交換をして動かしてあげましょう。

止まった時計に電池を入れたままだと液漏れする可能性があるので気をつけて下さい。

また、クォーツ時計でも機械油の劣化などで電池交換だけで無く、オーバーホールが必要になる場合があります。

photo by watch-mix

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です