チプカシなどスライド式のベルト調整方法【写真解説】

チプカシなどスライド式のベルト調整

チプカシや雑貨店などで時計を買ったら、そのまま渡されて

ベルト調整に困っていませんか?

チプカシなどに多いスライド式の調整のしかたです。

取説を見てもベルト調整方法が書いていない場合もおおいので、写真を使い解説します、

スライド式は小さなマイナスドライバーがあれば調整できます。

(この記事ではカシオのA158WAを使用しています)

スポンサーリンク

スライド式か、見分ける方法

チプカシや雑貨店などの2000円前後の時計はスライド式が多いのですが、全部ではないので、スライド式か確認しましょう。

スライド式の特徴

  • ベルトがつながっていない(輪になっていない)
  • バックル(とめ具)がひっかけるタイプ

スライド式の時計ひっかけて留める とめ具アップ

この2点が大きなポイントです。

スライド金具」これがあればスライド式です

スライド金具

注意:スライド式でもベルトがつながっているタイプもあります。

スライド式ではない場合はこちらで確認してみてください「時計ベルトの調整方式を見分けよう【写真解説】

必要工具

精密ドライバーなど、小さなマイナスドライバーがあればできます。

調整方法

スライド金具のロック部分をドライバーで引きおこして、スライド金具を移動させ固定するだけです。

1.サイズをおおまかに確認する
大まかにサイズ確認    ずらす数を決める

2.マイナスドライバーでロックを引きおこす(矢印方向にドライバーを下げる)
正しい方向 ○印 ドライバーで起こす    必ず穴に差しこむ

まちがった方向 ×印   留金が曲ってしまいます

3.スライド金具を移動する
スライド金具をいどうする  決めたコマ数ずらす

4.スライド金具を適切な位置に合わせる
スライド金具の正しい位置 説明あり  突起とスキマを合わせる

5.スライド金具をロックする
スライド金具を手で押さえてとめる  パチンと留まるまで押す

6.試着してみる
試着してみる 説明あり  きつ過ぎに注意

スライド式の調整ポイント

  • ロックをはずす時に、ドライバーの差し込み方向に注意
  • スライド金具の突起をコマのスキマに合わせて固定

この2点の大切なポイントに注意すれば、かんたんに調整できます。

最後に

ブリスター(ぶら下げて販売されている)の時計は、調整をされずにわたされてしまう場合も多くあります、

でも心配ありません、ポイントが分かればかんたんに調整できると思います。

どうしても、上手く調整できない場合は購入店でおねがいしましょう、
もちろん購入店では無料で調整してくれます。

チプカシはベルト交換も楽しいですよ「チプカシのベルト交換でプチカスタム【A158WA+ダイソー】」もおすすめです。

チプカシベルト交換 こんな感じになりました!

ぜひプチカスタムにチャレンジしてみてください。

photo by watch-mix

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です