はじめての腕時計購入、今さら聞けないQ&A「基本用語」

時計を購入しようとしてカタログを見てもよく分からない、

店員の言った用語が分からないって方はいませんか?

時計の基本用語を解説します。

リューズってなに?ベゼル?って方も多いと思います。

よく使われる用語を、かんたんに解説します。

これから、時計をはじめて購入する方におすすめです。

スポンサーリンク

時計の用語

基本用語、使われ方の一例などをかんたんに解説します。

用語 解説
ケース 時計の本体
(例:チタンケースだから軽いです)
リューズ、
竜頭
時間や日付を合わせるツマミ
(例:リューズを一段引いて時刻合わせをします)
ダイアル 文字盤
(ブラックダイアル=黒文字盤)
ベゼル 文字盤の回りにある円形パーツ
(ダイバーズタイプには回転するベゼルがあり、回転ベゼルと呼ばれる)
バックル、
クラスプ
中留(金属ベルトを留める部分)
(例:バックルはプッシュボタンで外れます)
コマ 金属ベルトの一つ一つのパーツ
(例:コマを外してベルト調整をします)
尾錠、美錠  革ベルトを留める金具
(金尾錠=金色の尾錠)
無垢ベルト  金属の塊で出来たベルト
(比較対象:折ベルト=金属の板を曲げて造られている)
ワンピースケース  金属の塊をくりぬいて造ってある時計本体
(特徴:つなぎ目がないので防水性にすぐれる)
スクリューバック  時計の裏蓋がネジ状に締める構造
(特徴:通常の裏ぶたより防水性にすぐれる)

 

時計のスタイル

腕時計の基本的なスタイルの呼び方と特徴を解説します。

用語 解説
3針時計  時、分、秒、3本針の時計
(基本的なデザインで、スーツやジャケットスタイルに合わせやすい)
クロノグラフ  ストップウオッチ機能付き時計
(メカニカルなデザインで人気が高い、幅広いスタイルに合わせやすい)
ダイバーズウオッチ  ダイビングに使用できる時計、防水時計
(デザインもシンプルで人気、厚さがあり重い時計が多いので注意)
ミリタリーウオッチ系  本来は軍隊で使われていた時計、
現在はデザインのみミリタリー風が多数
(見やすさと耐久性が特徴、現在はミリタリータイプというデザインでカジュアルな服装に合わせやすい)
スポーツウオッチ系  デジタル表示で軽く、ショックに強い特徴
(スポーツ、アウトドアなどに最適なように軽く、ショックに強い時計)
デザインウオッチ系  ブランドコラボ、キャラクター系の時計
(ブランドロゴが大きくデザインされていたり、ファッション好きな方向け)

 

時計の種類

基本的な種類と特徴などを解説します。

用語 解説
クオーツ時計 電池で動く時計
(2~5年で電池交換が必要)
メカニカル時計、
機械式時計
ゼンマイで動く時計
(3~5年ごとにオーバーホールが必要)
ソーラー時計 光で発電して動く時計
(基本的には電池交換不要)
電波時計  標準電波を受信して時刻のズレを自動修正する時計
(電波が発信されている場所が限られる)
GPS時計  GPS衛星からの電波を受信し時刻のズレを自動修正する時計
(全世界対応)

最後に

はじめて時計を購入する方はまず、基本的な用語をおぼえましょう。

かんたんな用語だけでも理解していれば、時計店に下見に行くときに役立ちます。

時計は非常に種類や価格の幅がひろく、本当に選びにくいと感じる方が多いのですが、自分の服装に合わせることをイメージすれば選びやすくなります。

腕時計の教科書

新品価格
¥605から
(2017/3/11 06:21時点)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です