時計ベルトのサイズとバランスを確認しよう!

サイズ 合ってる?-アイキャッチ

腕時計を購入して、ベルト調整をしていると思いますが。

一度、あなたの腕時計のベルトを確認してみてください。

ちゃんと調整できていますか?

時計のメタルベルトは調整でフィット感が大きく変わるので、着けやすく見やすいバランスになっているか確認しましょう。

意外と知らない、腕時計のサイズとバランスの関係を解説します。

スポンサーリンク

サイズ調整の基本とは

基本は時計ベルトに人差し指の指先が入るくらいがおすすめサイズです。

「指先が入るくらいがベスト」

時計 指一本サイズ 指先がギリギリ入るくらいで良い

特に男性はスポーツや仕事で腕に負荷がかかったときなど、一時的に腕まわりが太くなる場合があるからです(筋、血管の膨張など)。きつめに調整していると時計のバックル(中留)に力がかかり過ぎて破損などトラブルの原因になります。
(バックルが変形して外れやすくなったりします)

さらに、バランスを崩してとっさに手をついた時などに、手首を痛めるケースもあります。

また、汗で時計が貼りつき不快に感じる方が多いので指先が入るほどの調整がおすすめされています。

時計はバランスが重要

腕時計のベルト調整で私が重要としているのは、バランスです。

なぜなら、ひとそれぞれ手首の形状が違うからです。きれいな円状ではなく楕円形や三角形に近い方も多くいらっしゃいます、一人一人に合ったバランスで調整しないと気持ちよく着けれません。

では、バランスとは?

「基本は時計本体とバックルが平行」

平行 説明あり 基本は平行が良い

「6時側を短く(時計の下側)

6時側 短い 説明あり 6時側が短くても良い

この2パターンを基本として、試着を繰り返して調整してもらいましょう。

時計の6時側が短くても良いのは、文字盤が自分の方向へ向くので見やすいため

おすすめのバランスは!

【時計が手首の真上か、多少自分寄りに傾くようなバランスがベストです】

時計が奥に傾いている方は再調整を強くおすすめします、見やすさだけでなく着け心地も改善します。

⭕️「真上、手前に向いている調整」文字盤がいつも見やすく、重さを感じない。

時計 真上にのっている

❌「奥に向いている調整」うでを傾けないと文字盤が見にくく、重く感じる。

時計 奥にずれている

妥協しないで微調整

多くの腕時計のメタルベルトは、微調整できる仕組みになっています、現在のサイズ、バランスに不満がある方は再調整をしましょう。

購入店での再調整は基本無料です、調整時に外したコマ(部品)も持って行きましょう。

個人でも出来る微調整の方法

メタルベルトの種類により、個人でも簡単に微調整できるバックルタイプがあるので見分け方と微調整方法も紹介します。

「見分け方」バックルに微調節用の小さな穴がありますか?有れば微調整できます。

バックル 微調整穴-説明

「バネ棒はずし」キズをつけないように時計用のバネ棒はずしを使いましょう。

バネ棒はずし 説明ありバネ棒はずし 持ち方 説明あり

「作業手順」

1.バネ棒外しで押し込んでからベルトを少し外に動かす(一度に外さない)

バネ棒を押し込む 説明ありコマを少しずらす 説明あり

2.バネ棒が飛び出さないように指で押さえるようにして外す。バネ棒(バネが組み込まれたピン)は、そのまま外すと勢いよく飛びだし紛失する恐れがあります。

コマを指でおさえる 説明ありバックルから外す 説明あり

3.調整したいサイズ位置に、バネ棒を慎重に取り付ける。バネ棒の先を少し出して穴に入れてから、ベルトをバックルに入れると作業しやすいです。

バネ棒の先をいれる 説明ありコマをバックルに押し付けて 説明あり

バネ棒の先をおしこむ 説明あり穴にバネ棒の先が入ったか確認 説明あり

4.確実に取り付けが出来たか、必ず引っ張って確認する。

引っ張って確認 説明あり微調整 完了 説明あり

注意 :長年、愛用されている時計では錆びたりしてバネ棒内のバネが固まっている場合も多数あります、この場合はバネ棒交換が必要なので時計店で調整してもらいましょう。

「↓Amazonでバネ棒外しを購入する」

明工舎製作所 MKS バネ棒用工具 46000

新品価格
¥490から
(2017/7/24 05:26時点)

解説「バネ棒」バックル用

バネ棒-説明付き

中にバネが組み込まれており伸び縮みする、ベルトの取り付け部分やバックルの調整用に使われています。

注意:作業の際はバネの力で勢いよく飛ぶ場合があるので、紛失や目に当たらないように注意しましょう。

調整コマで微調整

最近は微調整の方法として、半コマ、調整コマと呼ばれる通常より小さなコマで調整するベルトが増えています。

バックルのデザインを小さく綺麗にできるので高価な時計などは調整コマ方式が多数です。

調整コマでの微調整は、工具や経験がないと上手くできないので時計店で調整をしてもらいましょう。

「通常コマと半コマ」大きさが違うので、微調整が可能となっています。(写真はピン方式のコマです)

コマ、半コマネーム有)-1

時計店で再調整してもらう場合は調整時に外したコマも全部持って行きましょう。

最後に

腕時計の着け心地が良くないと感じている方は再調整をしてみましょう。購入店では基本無料です。

*サイズを大きくする再調整で予備のコマを紛失した場合などの、コマ足しは有料になります。また販売店でもコマの在庫はありませんので、メーカーからの取り寄せになるので時間もかかります。

時計店で調整してもらう方はこちらを「時計のベルト調整は、どこで?いくら?」参考にしてください。

自分で調整を行う場合は破損や、キズを付けないように気をつけてください。

自分で調整出来るようになれば季節や体重の増減に対応でき、いつでも気持ちよく時計を着けれるので練習してみましょう。

自分でサイズ調整しようとする方でベルト調整方式が分からない方は「時計ベルトの調整方式を見分けよう【写真解説】」を参考にしてみてください。

個人でのベルト調整は自己責任で行ってください。

「watch-mixおすすめ時計雑誌」

時計 Begin (ビギン) 2017年 冬号 [雑誌] 時計Begin

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です