時計に磁気の影響はあるの?【磁気帯び】

磁気 多い

気がつくと、ときどき時間がズレていることがある、時間を合わせなおして使っているけど、大丈夫?って方は、

一度、磁気の影響を疑ってみましょう。

時計は磁気の影響で時間がズレたり、誤動作を起こしたりするんです!
非常に強い磁気を帯びた場合は、磁気抜きという修理も必要になります。

じつは、強力な磁気は身の回りにたくさん有るんです。

スポンサーリンク

身の回りの磁気について

例えば

  • スマートフォンやパソコンのスピーカー
  • イヤホン、ヘッドホンのスピーカー
  • テレビ、オーディオスピーカー
  • カバンのマグネットホック:注意!
  • 磁気ネックレス:注意!
  • 全自動麻雀卓

などです。

「ここに注意!身の回りの磁気」

スマホ 磁気 スマートフォンスピーカー

イヤホン 磁気 イヤホンスピーカー

カバン マグネット 注意:カバンのマグネットホック  

特にカバンのマグネットは非常に強力ですので、内ポケットの位置とマグネットホックが近いと時計を入れると危険です。

磁気帯びを確認する方法

かんたんに確認する方法があります。

磁気を帯びてしまった時計は、方位磁石を近づけると方位磁石の針が動きます。

1番磁気を帯びやすいのは、リューズ部分になります。
(リューズの巻芯という部品が、長い金属部品なので磁気帯びしやすいため)

「磁気帯びチェック方法」方位磁石を近づけて、針が動くようなら磁気帯びの可能性があります。クォーツ時計はステップモーターの影響が出る場合があるので、目安と考えてください。

磁気 確認

磁気を帯びるとどうなる?

時計の種類により異なります。

  時計の影響 影響される部品 対処方法
クォーツ 止まり
遅れ
ステップモーター 時刻修正
電波時計 止まり
遅れ
ステップモーター 時刻修正
(基準位置チェック)
機械式 進み
遅れ
テンプ、
ひげゼンマイ
磁気抜き修理
デジタル  なし  なし  なし

*クォーツ:電池式 機械式:ゼンマイ方式

「クォーツ時計、電波時計」
止まり、遅れの症状がでますが、磁気から離せば元の精度に戻ります。

「機械式時計」
進み、遅れの症状がでます。
いちど磁気帯びの影響が出た場合は、磁気抜きするまで精度は戻りません。

「デジタル時計」
歯車やゼンマイ、モーターなどが無いので影響がありません。

磁気帯びしたら、どうする?

磁気帯びをして、時間がズレた時計はどうしたらいい?そのまま使える?

⭕️そのまま使えます

「クォーツ時計」よほど強く磁気帯びしない限りは、ズレた時刻を合わせてそのまま使えます。

「電波時計」電波時計もクオーツ時計と同じで、時間のズレを合わせてそのまま使えます。
いちど強制受信をして、時刻合わせをしましょう。それでも時刻がズレているときは針の基準位置チェックをしてください。
(取扱説明書に基準位置あわせ方法が載っています)

❌磁気抜きが必要です

「機械式の時計」テンプのひげゼンマイなどに強い磁気を帯びた場合は、そのままでは精度が戻らないので磁気抜きが必要になります。

磁気帯びさせない為に

磁気は発生源から5センチ離せばほとんど影響がなくなります、時計の保管場所に気をつけましょう。

「危険な保管方法」

  • スマートフォンと一緒に置く(出掛ける時に忘れないように一緒に置く方が多い)
  • カバンの内ポケットに入れる場合(仕事後に外して入れっぱなしの方)
  • 色々な物と一緒に、小物入れなどに保管(磁石製品が混ざる危険がある)

スマホと一緒 ×スマートフォンと一緒に置く

カバン ポケット ×カバンのマグネットホックに近い

磁気に強い耐磁時計は?

もちろん耐磁時計もありますが、本格的な耐磁性能の時計は非常に高額です。
しかし、最近は日常的な磁気に対しての耐磁性能を持った時計が多くなっています。

  • 「1種耐磁時計」
    直流磁界4,800A/mに耐えられる(日常生活で、磁界を発生する機器に耐磁時計を5cmまで近づけてもほとんど影響を受けない)
  • 「2種強化耐磁時計」
    直流磁界16,000A/mに耐えられる(日常生活で、磁界を発生する機器に耐磁時計を1cmまで近づけてもほとんど影響を受けない)

となっています。しかし、密着状態では帯磁してしまう可能性が高いので注意は必要です。

*カバンのマグネットホックは密着状態で70,000A/mほどのモノも多いです。

参考:「有名な耐磁時計」
ミルガウス、インヂュニア、アクアテラ15000ガウスなどです、気になる方は検索してみてください。

最後に

時計は動いているのに、ときどき時間がズレてしまうのは、磁気帯びが原因かもしれません。

現在は身の回りに強力な磁気製品がふえているので、気をつけましょう。

機械式時計は特に磁気の影響を受けやすいので保管場所に注意してください。

photo by watch-mix

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です