腕時計の防水性能と注意点について解説【10BARで水泳は?】

湖に飛び込むイメージ フリー素材 引用

腕時計の防水性能について解説します。

10気圧防水、100m防水など、あなたの時計は泳いでも大丈夫?それとも水しぶきくらい?

防水時計の注意点は?など疑問点にお答えします。

初心者向けに分かりやすく、腕時計の防水性能と注意点の解説をします。

防水性能の確認方法と表記について

腕時計の防水性能は取扱い説明書などが無くても確認できます。

確認方法は「文字盤」「時計裏ブタ」に必ず防水性能の表記があります、もし無ければ非防水時計なので雨や水しぶきにも注意して下さい。

表記の一例(文字盤や裏ブタ)

時計 防水表記 10BAR 時計 防水表記 200m 

一般的な時計には「10BAR」や「10ATM」、さらにダイバーズウオッチでは「200m」や「660ft」などの表記があります。
(10BARは一例で、20BARや5BARなど数字が時計により変わります)

防水性能の表記には気圧表記のBAR/ATMと潜水深度のm/ft表記に大きく分かれています。

*基本的に潜水に使用できる時計にはmかft表記になっています。

  • 10BARと10ATMは同じ10気圧防水という意味です
    (BAR:バール ATM:アトム/アトモスフィア)どちらも気圧という意味 
  • 200mと660ftはほぼ同じく200m深度で活動できる意味です
    (1ftフィートは約30.5㎝なので660ftは約200mになります)

防水表記の早見表

*スマートフォンの方は横にすれば表が見やすくなります

名称 仕様 表記例 説明
飽和潜水用
防水
200m~1000m防水 He-GAS
DIVER’S 300m
表記されている水深までの潜水に耐える防水性、飽和潜水に対応可
空気潜水用
防水
100m~200m防水 AIR
DIVER’S 200m
表記されている水深までの潜水に耐える防水性、スキューバダイビングなど
日常生活用
強化防水
20気圧防水 WATER RESISTANT
20BAR
水上スポーツ(水泳・ヨット)素潜り(スキンダイビング、シュノーケリング)などに使用できます
注意:空気ボンベを使用するダイビングには使用できません
10気圧防水 WATER RESISTANT
10BAR
5気圧防水 WATER RESISTANT
5BAR
水仕事(漁業・農業・洗車)や水上スポーツ(水泳・ヨット)などに使用できます
日常生活防水 3気圧防水 WATER RESISTANT 日常生活の洗顔や雨がかかる程度まで
注意:防水と表記しているが水には浸けれない
非防水 防水無し 表記無し  洗顔や汗にも注意が必要
注意:経年変化で防水性能は低下します、定期的なメンテナンスをおすすめします    

10BARで水泳は出来ます!

ビーチ 人あり 

10BARや10気圧防水の表記がある腕時計は普通に水泳や水仕事で水に浸けてしまっても基本的には大丈夫です。

しかし、購入して数年経っていたり電池交換時に防水テストをしなっかた場合は、時計に水が浸水する可能性が高くなっているので注意してください。

10BARや10気圧防水の10気圧というのは、水深にすると100mですが、

これは数時間かけてゆっくり沈めていき静止状態で100mまで耐水性があるという意味で100mの深度で活動できる意味ではありません。

*100m防水なら水深100mで活動できる。

疑問?20BARならダイビングもできる??

みなさんが疑問に思う「20BAR(20気圧防水)ならダイバーズウオッチと同じようにダイビングにつかえる?」について解説します。

まずはダイビングに使える(耐えれる)という事では、耐えることはできるでしょう。特にカシオのGショックなどでは耐水性については問題ないと思います。

しかし、安全の為にダイビングには使用しないでください。

矢印 下向き

時計店やメーカーHPなどでダイビング使用不可と説明する理由

ダイバーズウオッチはJIS規格で耐水性能だけでなく視認性や帯磁性、耐衝撃性など数々の厳しい規格が定められているからです。

ダイバーの安全の為に防水性能以外にも、厳格な規格を定めているからです。

防水に対しての注意点

  • 経年変化による性能低下を理解しておく
  • 温泉、お風呂にはなるべく使わないようにする
  • 水中でのボタン操作をしない(ダイビングモデルは可)

経年変化
防水性能は時計本体の精度とパッキンが非常に重要になります、何かの衝撃で時計ケースが変形していたりパッキンが傷んでいる場合は、防水性能が失われている場合がほとんどです。

温泉、お風呂
防水パッキンにはシリコンオイルが塗られているのですが、温泉の泉質やお風呂での石鹸などでパッキンのシリコンオイルが失われる場合があり、パッキンの劣化が早まってしまいます。

さらに、温泉の泉質によりメッキ部分の変色や時計本体の塗装文字が剥がれたりする場合もあるので注意してください。

急激な温度変化で曇り(結露)や機械的不良の原因にもなりかねないのでお風呂などでの使用はおすすめしません。

ボタン操作
ダイビング用以外の時計では、水中のボタン操作は浸水の原因になります。

特にクロノグラフや、電波時計などはプッシュボタンが複数あり注意が必要です。

最後に

時計を拭くイメージ 3対1

特に水泳やダイビングをする訳ではなくても、自分の時計の防水性能を知っていれば長く使えることにつながります。

時計には水分が一番の大敵です、濡れた場合や夏場での汗はきれいに拭いておきましょう。

腕時計は毎日かんたんに拭くだけでもメンテナンスになります。

かんたんな掃除方法は「知っていました?腕時計を拭くだけでトラブルを防げます!」を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です