【2019年】お手頃価格で大満足のダイバーズウォッチおすすめ3本

マリンスポーツ イメージ 時計の話題
スポンサーリンク

【5万円以内で買える大満足ダイバーズ!】

「ダイバーズウォッチが欲しいけどあまり予算が無い…」って人も多いと思います。

たしかに時計雑誌を見ても何十万円もするモデルばかり紹介されていますが、じつはお手頃な価格でも個性があって大満足なダイバーズウォッチもあります。

今回は、5万円以内で買える大満足なダイバーズウオッチ3本をご紹介します。

 SEIKO「SBDN043」

セイコー SBDN043出典:SEIKO

【メーカー希望小売価格:40,000+税】

最初にSEIKO人気シリーズ、プロスペックスから個性的な「SBDN043」をご紹介します。

このモデルはSEIKOダイバーズで絶大な人気を誇る”ツナ缶”と相性で呼ばれるダイバーズウォッチの小型バージョン。タウンユースを中心に使いやすいようにダウンサイジングや軽量化がされていて大人気となっています。

元ビームス・クリエイティブディレクター「LOWERCASE」代表の梶原由景氏がプロデュースしているだけあって、武骨なイメージの中にもおしゃれな印象が見え隠れしています。

この「SBDN043」はベーシックなダイバーズデザインにアンティーク調の針やインデックスが採用されているのが良い感じ。

”ミニツナ缶”と相性がついている通り幅は45.9 mmと大きすぎないサイズ感となっているので、カジュアルコーデに相性抜群。さらに本格的な200m防水というスペックですが、ソーラー駆動なのでメンテナンスも楽で使いやすさも◎

硬派な外観とアンティーク調の色合いの針が絶妙で良い雰囲気。

大人がサラリと着けるとかなりお洒落!

 

CITIZEN「CA0711-98H」

シチズン CA0711-98H出典:CITIZEN

【メーカー希望小売価格:45,000+税】

2本目はCITIZENから精悍なクロノダイバーズをご紹介します。

このモデルも200m防水の本格スペックでありながら、かなりタウンユースを意識したデザインとなっています。ハッキリ言って武骨な印象は無く、ダイバーズらしさというには物足りないかもしれません。

ジーンズなどカジュアルにも似合うのですが、ビジネススーツに合わせたいおしゃな印象。オン・オフ問わず使いたいならベストな選択。CITIZENの得意とするソーラー時計なので信頼性もバッチリです。

サイズも幅44.5mmと使いやすいサイズなので誰にでもおすすめできます。

価格・デザイン・スペックどれもバランスがとれているので、はじめての腕時計としてもぴったり。ただしクセがないので、ダイバーズらしい時計が欲しい人にはおすすめしません。

とても上品な大人のダイバーズウォッチ。

使いやすさ、合わせやすさ重視でダイバーズを選ぶならコレ!

 

SEIKO「SBDJ017」

SEIKO SBDJ017 公式HP引用出典:SEIKO

【メーカー希望小売価格:45,000+税】

最後にご紹介するのはSEIKOの定番モデル「SBDJ017」、決して新しいモデルではありませんが、雰囲気やサイズ感など本当に良いダイバーズウォッチなんです。

とくに目新しさは無いのですが、なぜか雰囲気があるデザインなんです。それは時分針のデザインだったり秒針などの赤のアクセントだったりすると思うのですが、見た目のバランスが良く程よいスポーツ感が好印象。

このモデルを傷とか気にしないでガシガシ使うのが絶対に格好良いと思います。

サイズも幅43.5mm、厚さ11.5mmと手頃な大きさで、ワイシャツなどの袖口にもあまり邪魔にならないのでビジネスシーンにも使いやすいバランスの良いダイバーズウォッチです。

あまり目立つのはイヤだけど、海もアウトドアも楽しめる頼もしいダイバーズウォッチを探しているって人にぜひおすすめしたい定番の一本!

本当にガンガン使って味の出るダイバーズだと思います。

トレンドなど気にせず長く使える定番の本格ダイバーズ!

 

あとがき

今ではタウンユースやビジネスシーンでも着けるひとが増えている武骨なダイバーズウォッチですが、どうしても高い印象があると思います。

あまり時計雑誌でも紹介されることがないのですが、お手頃な価格でも本格スペックで大満足できるモデルがあるのでご紹介しました。

気になるモデルがあれば、ぜひチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました