あなたは高機能でも便利でもない機械式時計を楽しめますか?

ビジネスマン  

機械式の腕時計について思うコト

私は機械式時計については高機能でも便利でもない腕時計だと思っています。

理由は数千円でソーラー時計も買えるし、数万円ならソーラー電波時計も買える時代だからです。

でも、

機械式時計の人気が衰えないのは、腕時計の価値観が完全に変わってきたからだと考えています。

もう腕時計で時刻を知る必要はあまりないのかも…。

スポンサーリンク

正確な時刻はスマホで見ればいい

スマホで時刻確認イメージ

機械式時計を愛用する人は、

「スマホがあるから腕時計の必要がない」のでは無く、
「スマホがあるから腕時計を装飾品として楽しむ」と考える人が増えているのではないでしょうか。

ちょっと乱暴な言い方ですが、

本当に正確な時刻を知りたいならスマホで見ればいいからです。

もちろん腕時計に正確さは必要ですが、絶対的な精度よりも伝統やデザイン・仕上げなどを重要視しているのだと思っています。

なので、

機械式時計は楽しむモノとして選ばれているのだと思っています。

価値観の変化をとても感じています

腕時計に対して30代以上の人ならまだ”良いモノを長く使う”という価値観をもつ人も多いと思うのですが、若い世代はちょっと違ってきていると感じています。

たぶんスマホを2年ごとに機種変するように、機能や性能だけでなくその時に人気のあるモノを楽しむという感覚があるのかもしれません。

「一生モノ」というフレーズがもうすぐ終わる?

雑誌などで「一生モノ」というフレーズを多用している国内の時計業界ですが、そのフレーズはもうすぐ終わってしまうかも?って最近は考えています。

理由としては、いま機械式時計を主に購入する人は長く使えるという価値観でななく、自分の満足感を満たすアクセ感覚で購入している人が増えてきていると思っているからです。

高機能でも便利でもない機械式時計を買うのは、無駄なコトにお金を使う価値観もあるからでは?と思います。

それは、「ソーラー電波時計が安く買えるのに、高い機械式時計をなぜ買うの!?」って言われる価値観というかこだわりです(笑)

腕時計が必要ないと言われる時代に、わざわざ機械式時計を愛用する楽しみです。

 

私は若い人たちに腕時計に興味をもってもらうなら、「一生モノ」というより「コレ凄くイイ!とてもモテますよ!」ってアピールした方がいいのでは!?と思っています。

理屈じゃなくて雰囲気のアピールが欲しい!

最後に

スーツでおしゃれな男性

さいごにホンネを少しだけ言うと、

機械式時計を買う人の中には「モテたい・オシャレでありたい」って考えている人も多いのでは?と思っています。

なので、機械式時計を楽しむには「モテたい」という気持ちがポイントだと思うんです

何と言っても機械式時計はデザインが良く格好いいモデルが多いですから!

私も、いくつになってもモテたいと思っています(笑)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です