20万円以下で買える「こだわりのメンズ腕時計」国内メーカー編

時計 選び ボックスあり フリー素材

せっかく買うならこだわりの腕時計が良いですよね!

今回は20万円以下で買える、国内メーカーの「こだわりのメンズ腕時計」を3本ご紹介します。

国内時計メーカーでは10~20万円の時計は高級ラインになり、本当に造りの良い時計ばかりです。

今回は”こだわり感”をキーワードに厳選しました。

セイコー プレザージュ
「SARK011」

セイコー プレサージュ SARK011出典「SEIKO公式HP

メーカー希望小売価格216,000円(税込)

販売価格や詳細を見るSARK011

デザインは国産初の腕時計「ローレル」をモチーフとしており、クラシックでありながら精密感があり上質な仕上がりになっています。

ちなみに、国産初の腕時計「ローレル」はこちらです。

SEIKO ローレル SEIKOミュージアム 引用出典「セイコーミュージアム

1913年(大正2)に発売された時計で、特長的なアラビア数字の文字盤で12時が赤になっているのが印象的です。

SARK011は「ローレル」を現代的にアレンジしてあり、クロノグラフにすることで上質の中に躍動感を生み出しています。

文字盤は立体模様になっており高級感が漂い、また赤色の12時インデックスも上手くこの時計のアイコンになっています。

キャリバーは本格的クロノムーブ「8R48」です。このムーブは”垂直クラッチ”や”ピラーホイール”を採用することで、ストップウオッチの作動や操作感覚も抜群に良くなっています。

さらにガラスはカーブサファイアガラスで柔らかな印象を演出しています。

こんな人におすすめ

ファッションはジャケットスタイルが好きで鞄や靴などにもこだわりがある人。

腕時計に求めることが先進性だけでなく、上質感や味わいを重視している人におすすめです。

ORIENT ワールドタイム
「WZ0081JC」

オリエント ワールドタイム WZ0081JC出典「ORIENT公式HP

メーカー希望小売価118,800円(税込)

販売価格や詳細を見るWZ0081JC

この時計の良いところは、ORIENTの使いやすい”ワールドタイム”に上質なデザインと配色を調和しているところです。

以前よりORIENTは時計連動24時間表示の回転リングの腕時計をラインナップしていましたが、この時計はスマートなスタイルになってさらに魅力的になりました。

また、ORIENTならではの12時側のパワーリザーブも良いアクセントになっています。

こんな人におすすめ

国産時計が好きだけど、人と同じモノは嫌だという人におすすめです。ORIENT独特の文字盤の雰囲気が気に入ることでしょう。

セイコー プロスペックス
SBBN031」

セイコー プロスペックス sbbn031出典「SEIKO公式HP

メーカー希望小売価151,200円(税込)

販売価格や詳細を見るSBBN031

ダイバーズウォッチのおすすめなら、この時計は外せません。

このダイバーズウォッチは「ツナ缶」と呼ばれ、世界中に多くのファンがいる日本を代表するダイバーズウォッチです。

単なるダイバーズウォッチではなく、飽和潜水という特殊な潜水までも対応しています。外胴というプロテクターや特殊L字型パッキン、独特のデザイン全てにこだわりが詰まっているのです。

この価格で、このスペックの腕時計が買えるなんて素晴らしいと思います。

私のツナ缶をこちらでご紹介しています→「SEIKOマリーンマスターが凄い理由【ツナ缶】

こんな人におすすめ

デザインだけのダイバーズウォッチではなく、本物のダイバーズウォッチが欲しい人におすすめです。

本当に素晴らしいダイバーズウオッチ!

最後に

こだわりのある腕時計は何年経っても飽きることがありません。

でも、雑誌やカタログなどには新製品がメインで紹介されてばかりなので、今回は発売時期などにこだわらず”こだわり”というキーワードで厳選しました。

舶来メーカー編はこちら「20万円以下で買える「こだわりのメンズ腕時計」舶来メーカー編

この記事でご紹介した時計はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です