腕時計の修理を断られて困っている人へ【宅配無料見積もり】

時計と老人 フリー素材

私も修理をあきらめていた時計がありました。

あたたは大切にしていた時計の修理を断られて困っていませんか!?

じつは私も修理を完全にあきらめていた時計がありました。

それはレマニア5100というムーブ(機械)が入っている時計だったのですが、もう修理部品が入手できないのでメーカーでも修理不可で断られていたのです。

そのとき私は時計販売職をしていたので輸入代理店の方にもお願いをしてみたのですが、やはり修理不可ということでした…。

でも、なにげなくネット検索をしてみたら修理できる店があり、宅配便で店まで送り修理をしていただきました!

その時計は現在も大切に愛用しています。

”メーカー修理”以外にも配送で修理対応してくれている「時計修理専門店」があるんです!

あなたもあきらめないでください!

全国対応の「時計修理専門店」もあります

時計 機械イメージ フリー素材

ふつう時計の修理はメーカー修理が一番良いと思いますよね!?恥ずかしながら私もそう思っていました。

でも全国にメールと宅配便などで修理依頼できる「時計修理専門店」が多数あるのです。

もちろん全ての修理ができる訳ではないと思いますが、メーカーの修理センターでも断られた時計でも修理可能なケースが多くあるようです。

修理できる理由は”メーカー規定に縛られない”からです。

メーカー修理では”指定部品を使う”や”部品交換のみ可”など規定に縛られて柔軟に対応できないからです。

一例では、

  メーカー修理 修理専門店
部品が無い 修理不可 代替品での修理あり
 金属破損 修理不可  溶接出来る場合あり
 文字盤再生  修理不可  出来る場合あり

このように、メーカーでは修理不可でも対応できる場合もあるのです。

メーカー修理は「どこでも同じサービス」が前提なので、ケースバイケースの対応は難しいのです。(リューズなど一部代替可能修理もあります)

メールと宅配便で依頼できる

仕事が忙しかったり、時計店が遠くて行けない場合でも心配ありません。

ほとんどの修理専門店はメールで依頼して宅配便で修理見積ができます、また”無料配送見積もりパック”という梱包セットを送ってくれるサービスがある修理専門店もあります。

せっかく店まで行ったのに「あっ、これは修理不可ですね」ってあっさり断られるなんて嫌な思いをすることもありません。

代替部品修理をしてくれる

もちろんメーカー修理でもリューズなど一部の部品を代替修理してもらえる場合もありますが、それよりもっと柔軟に対応してもらえる場合もあります。

ガラス割れなども代替品で対応してくれる場合もあります。

溶接修理ができる

時計のベルト修理などは基本的に部品交換になります、それは強度が保証できるからです。また個別に溶接修理をすることは”同一サービス”が難しくなるのでメーカー修理では行いません。

しかし、修理専門店では部品が入手できない場合などで強度が保てそうなら溶接修理で対応してくれる場合もあります。

時計は”愛着が強いアイテム”なので、どうしても使いたいという依頼に対応していただけるのは嬉しいですね!

文字盤再生

時計はリューズなどから湿気が入り込み文字盤が錆びる場合もよくあります。

メーカー修理では文字盤交換で対応するのですが、部品が無いケースも多く修理不可になりやすいです。

文字盤の修理は出来ないと思っている人がほとんどだと思いますが、錆びがあっても修復できる場合もあります。(文字盤再生はリダンと呼ばれ、修理技術が必要です)

修理を依頼するタイミング

修理を依頼するタイミングは”今すぐ”です。

とくに古い国産メーカーの時計は部品が減少しているからです。代替部品もいつまでも有るわけではないので修理したいならすぐに依頼するのがおすすめです。

また、錆びはどんどん進行していくので早めに対処する方が金額的にも安くなるでしょう。

時計修理は部品代も技術料も値上がり傾向が続いています、タイミングを待っていても修理料金が高くなる可能性があるだけです。

おすすめ修理専門店

▼国産時計など対応が広い店!▼

>>無料見積もりの流れを見てみる:時計修理工房

時計修理工房

 

▼ブライトリング、パネライもOK!▼

>>無料見積もりの流れを見てみる:WATCH COMPANY

WATCH COMPANY

最後に

私の時計は決して高い時計ではないのですが、初めて仕事をしていた時に毎日使っていた時計でとても思い入れがあります。

その時計は「ハミルトン HTCクロノグラフ」です、ハミルトンでは珍しくレマニア5100というムーブが採用されています。

この時計を「時計修理専門店」にて修理をしていただきました。メールで連絡して宅配便で送るだけなので時間など気にせずに便利でした。

ハミルトン クロノグラフ アップ

レマニア5100 

レマニア5100は変わっていて、パーツにプラスチック部品が使われています。そのプラスチック部品がもう供給されていなく正規店では修理が不可能でした。
(未確認情報ですがスイス国内のみ供給があるそうです)

ちなみに、もうオーバーホール代が時計本体価格を超えていますw

ハミルトン紹介記事はこちら
ハミルトンの機械式クロノグラフをレビュー【レマニア5100】

時計店で修理不可だったレマニア5100をオーバーホールして頂いた話

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です