初めて見た時は好きになれなかったアテッサ「AT8166-59E」

初めて見た時は好きになれなかったアテッサ「AT8166-59E」 アイキャッチ

じつは個人的にオールブラックの腕時計が好きじゃなかったんです。

なので、アテッサのブラックチタンシリーズを時計店で試着したことがありませんでした。

でも最近になって、最新のシチズン総合カタログの表紙に映っている写真を見て「いいなー」ってちょっと思ったんですよねー。

で、近くの量販店で試着してきました。

感想としては「なかなか良い感じ!」

素材を感じるマットブラック
アテッサ「AT8166-59E」

シチズン AT8166-59E出典「CITIZEN

まず試着して思ったのは「素材を感じる」ってことでした。

もちろんチタン合金にDLCコーティングされているのは理解しているのですが、ヘアライン仕上げされたベゼルがまるでチタンの塊から削り出したような雰囲気があるのです。

もしかすると、ブラックだから強調されているのかもしれません。

そして、ベゼルにあるスリットが機械的というかツール感というか、何とも言えない硬質なイメージを演出しているのも良い感じです。

ブラック×オレンジがカッコいい!

やはりブラック×オレンジという配色がカッコいいです。

DLCコーティングのブラックは塗ってあるようなペタっとした感じがなく上質な印象。

そして、マットブラックに秒針やクロノ針の繊細なオレンジ色がよく似合っています。

やりすぎ感がなく大人の雰囲気になっていると思います。

黒に繊細なオレンジっていいですねー。

デザインもアラビア数字の文字盤も◎

シチズン AT8166-59E アップ 出典「CITIZEN

腕時計のアラビア数字が嫌いな人が多いと思いますが、この文字盤はインデックスのアラビア数字に立体感もあり◎

決して安っぽさはありません。

また、このシンプルな時分針がとても見やすくいいですね。

ブラックのクロノグラフなのですが9.7mmという薄型ケース。とてもスマートでスーツにも合わせやすそうです。

やっぱり、ここが気になる

これはブラック系では仕方ないのかもしれませんが、肌や指などに触れると汚れがすごく目立ちます。

たぶん夏場とかは汗や皮脂などで時計表面が汚れたところが目立つので、ときどき拭いてあげないといけないと思います。

私は腕時計の傷などには何とも思わないのですが、時計表面の油分の汚れが嫌いなんです。

なので、普段もカバンの中にはマイクロファイバークロスを入れてあり、休憩時間などに汚れていなくても拭いています。

なので、油膜汚れが目立つのが…気になります。

最後に

ブラックチタンのアテッサはカタログで見るより実物は大人っぽい感じで好印象でした。

スーツにも合わせやすそうなのですが、

メタルブレスを濃いグレーのNATOベルトに変えるだけでプロマスターのようなアクティブなイメージにもなると思いました。

NATOベルトに交換おすすめです!

この記事でご紹介した時計はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です