愛してやまないセイコー「ツナ缶」の使用感や革ベルトをご紹介

愛してやまないセイコー「ツナ缶」の使用感や革ベルトをご紹介 アイキャッチ

今回は、私が愛してやまないSEIKOマリーンマスター「SBBN017」の使用感や交換した革ベルトをご紹介してみようと思います。

「ツナ缶」という愛称で人気の外胴プロテクターモデルですが、私は2012年頃に購入したので現行モデルと文字盤や針の形状などが違う一つ前のモデルとなります。

また、購入後すぐに革ベルトに交換して愛用しています。革ベルトにしようと検討中の人は交換イメージの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

マリーンマスター「SBBN017」を愛用

セイコー SBBN017 私物正面 革ベルト交換(モレラート:ワイド)

じつはこのSBBN017を購入するときに黒ベゼルのSBBN015と迷っていました。

でも、すぐに革ベルトに交換する予定だったので、ややクラシカルな印象のシルバーベゼルが似合うと考えてSBBN017 に決めました。

購入後すぐにダークブラウンの革ベルトに交換して愛用しています。長年愛用しているのでベルトには汚れやシミがありそろそろ交換時期になっています。

*ベルトはオリジナルではなく、モレラート社の革ベルトに交換して数年間使用した状態です。

私物のSBBN017を写真でご紹介

存在感のあるデザインとサイズがお気に入りです。

セイコー SBBN017 私物 装着イメージ 革ベルト交換済 

ケースの厚みはありますが裏ブタがフラットに近い形状なので、装着感は悪くありません。

セイコー SBBN017 私物 装着イメージ サイド  革ベルト交換済 

時分針は独特の形状で、ややクラシカルな雰囲気があります。また、インデックスには見えにくいのですが繊細なフチドリが入っています。

セイコー SBBN017 私物 文字盤・針アップ 革ベルト交換済 

ガラスは、ややふっくらしたカーブガラスになっています。とても風合いがあるのでガラスもお気に入りポイントの一つです。

セイコー SBBN017 私物 カーブガラスアップ 革ベルト交換済 

回転ベゼルの操作は外胴プロテクターが一段下がっている右上と左下側を持って操作します。右腕に腕時計を着ける場合はやや操作がしにくいかもしれません。

セイコー SBBN017 私物 回転ベゼル操作イメージ 革ベルト交換済 

純正で付いていたポリウレタンバンドはモレラートの革ベルト「ワイド」に交換しています。このワイドは肉厚な造りと上品なステッチが気にいって選びました。

セイコー SBBN017 私物 モレラートワイド:サイド 革ベルト交換済 

★SBBN017は現在は廃番となっています。後継モデルはSBBN033です。

スポンサーリンク

使用感や経年変化など

<サイズ感>

ツナ缶は「すごく大きい」とよく言われますが、実際に着けてみると大きさはあまり感じません。

実寸では幅47.7mmと大きさはありますが、ラグがほとんど見えないのとリューズが4時位置にありリューズガードもないのでスッキリしているからだと思います。

それに最近人気のGPSウオッチ「アストロン」も46mmほどのサイズなので、大きすぎるという印象も薄れてきています。

4時位置リューズは腕にあたりにくく装着感は良好。

セイコー SBBN017 私物 装着イメージ リューズ干渉写真 革ベルト交換済 

また、重量は130gほどしかなく重さを意識することもあまりありません。

<ガラス>

ガラスはサファイアガラスではなくハードレックス(強化ガラス)ですが、私のような普段使いではキズは入っていません。

また、デュアルカーブガラスなので角度がついても見やすくなっています。

セイコー SBBN017 私物 角度をつけて文字盤アップ 革ベルト交換済 

カーブガラスなので光の反射や映り込みなどが多少ありますが、私はすぐに慣れてしまい気になりませんでした。時計店のライトが沢山ある店内で見るとスゴク反射して見にくい印象があるかもしれませんが、一般的なオフィスや屋外ではまず気にならないでしょう。

*デュアルカーブガラスとは:内面もカーブしているのでガラスの厚みが変わらず歪みが少なく、どの角度からも時刻が見やすい。

<精度など>

ムーブメントは定評のある「7C46」で、本当にびっくりするほど精度が高く1ヶ月で5秒ずれるかどうかで時刻合わせをした記憶がないほどです。

どうしても腕時計はメカニカルムーブメントの方が通っぽいイメージがありますが、この7C46ムーブメントは蓄光のたっぷり乗った太く重い針も回せるセイコーの誇る高トルク型クオーツムーブメントなので信頼性も精度にも満足です。

しかも電池寿命が5年という高い実用性もスゴイ!

<キズや経年変化>

このモデルはダイヤシールドがされていないので、プロテクターに小傷が入っていますがあまり気にしていません。

セイコー SBBN017 私物 外胴プロテクターキズ 革ベルト交換済 

でも、「現行モデルのようにダイヤシールドだったらなー」とは少しだけ思っています…。

回転ベゼルも動きが重くなったりなどのトラブルはありません。また、ルミブライトも劣化を感じさせず明るくよく見えます。

毎日着けてはいませんが5年ほど愛用して小傷が入った以外は操作系もしっかりしていて経年変化を感じません。

モレラートの革ベルトに交換しました

購入してすぐにモレラートの「ワイド」という革ベルトに交換しました。

ツナ缶の大きさや厚さに負けないくらいの肉厚でしっかりした革ベルト、きれいにステッチも入っていて高級感もあります。

セイコー SBBN017 私物 装着イメージ ベルトステッチアップ 革ベルト交換済

このような肉厚なベルトがなかなか無く、色々探してようやく見つけました。ツナ缶の大きさや存在感に負けない良いベルトです。

セイコー SBBN017 私物 モレラート:ワイド斜めよりアップ 革ベルト交換済 

カーフなので使いこんでいくと良い感じに柔らかくなりしっくりきます。とてもしっかりした造りのベルトで耐久性もばっちりです。

ただし、もう5年ほど使っており汚れやひび割れも目立ち、定革も切れそうになっているので交換しないといけません。

同じダークブラウンにするかブラックにするかちょっと迷い中です。

カシスのDバックルを使用

モレラートのベルトは通常の尾錠でしたが、革を傷めないことと着けはずしのしやすさを考えてカシスのDバックルに交換しています。

セイコー SBBN017 私物  革ベルト交換済  カシスDバックル

Amazonなどで安価なDバックルも売ってはいるのですが、ツナ缶の大きさやデザインにぴったりな剛性感のある見ためのカシスに決めました。

実際に長年使ってみてカシスのDバックルは非常に良かったです!

プッシュボタンのカチッとした操作感も良く、可動部分にもガタツキがなく本当に長く使える高品質のバックルです。

セイコー SBBN017 私物 カシスDバックルアップ 革ベルト交換済 

やや高価ですがカシスのDバックルは満足感が高くおすすめ。

スポンサーリンク

現行モデルの「SBBN033」はこちら

現行モデル「SBBN033」

セイコー SBBN033 公式HP 全体出典「SEIKO

私の「SBBN017」と現行モデル「SBBN033」との大きな違いは、

  • 針の形状と文字盤デザイン
  • 外胴プロテクターの仕上げ
  • リューズのマーク

などです。

針形状や文字盤・外胴プロテクターの仕上げなどが大きな違いで、その他にもカレンダー色やリューズマーク・ダイヤシールド加工・バンド素材など細かな部分にも違いがあります。

SBBN033の針や文字盤はスッキリとしたデザインで現代的な印象。

個人的には「針の形状がスマートすぎてアクが無くなってしまった」と思っていたのですが、最近は見慣れてきて「おしゃれだなー」って思いますw

それに、カレンダーのベース色が黒になりカレンダー枠も無くなって文字盤がグッと締まって見えるのもいいんですよね…。

ちなみに、SBBN033の外胴プロテクターはミラー仕上げになっていてピカピカなので好みが分かれると思います。

ご紹介した時計やベルトなどはこちら

▼シルバーベゼル×シリコンバンド

▼ブラックベゼル×メタルブレス

▼おすすめ!モレラート「ワイド」

▼カシス「Dバックル」

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です