時計ベルトのサイズとバランスを確認しよう!

サイズ 合ってる?-アイキャッチ

腕時計を購入してベルト調整をしてもらったけど、なんだかしっくりこない・文字盤が見にくいって人はいませんか!?

腕時計のベルト調整は、サイズだけ合っていれば良いというワケではありません。

ぜひいちど、あなたの腕時計の着け心地を確認してみてください。

着け心地・見やすさは大丈夫!?

腕時計の金属ベルトは調整の仕方でフィット感が大きく変わるので、着けやすく見やすいサイズ・バランスを解説します。

スポンサーリンク

サイズ調整の基本とは

サイズの基本は、ベルトに人差し指の指先が入るくらいが基本サイズです。

「指先が入るくらいがベスト」

時計 指一本サイズ 指先がギリギリ入るくらいで良い

とくに男性はスポーツや仕事で腕に負荷がかかったときなど、一時的に腕まわりが太くなる場合があるのでスキマが必要になります。
(筋、血管の膨張などで太くなる)

きつめに調整していると時計のバックル(中留)に力がかかり過ぎて破損などトラブルの原因になります。
(バックルが変形して外れやすくなったりします)

さらに、バランスを崩してとっさに手をついた時などに、手首を痛めることもあります。

また汗で腕時計が貼りつく感じになり不快に感じる人も多いので、指先が入るほどの調整を基本としておすすめされています。

ベルト調整はバランスも重要

腕時計のベルト調整で私が重要としているのは、バランスです。

なぜなら、ひとそれぞれ手首の形状が違うからです。

きれいな円状ではなく楕円形や三角形に近い方も多くいらっしゃいます、なので一人一人に合ったバランスで調整しないと気持ちよく着けることができません。

では、バランスとは?

ーー基本は時計本体とバックルが平行

平行 説明あり 基本は平行が良い

ーー6時側を短く(時計の下側)

6時側 短い 説明あり 6時側が短くても良い

この2パターンを基本として、試着を繰り返して調整しましょう。

*ポイント:ベルトを調整するときに平行にならない場合に時計の6時側を短くするのは、文字盤を自分の方へ傾けさせ見やすくするためです。

サイズ・バランスの調整は、

時計が手首の真上か、多少自分寄りに傾くようにしましょう。

腕時計が奥に傾いて見にくさを感じているなら再調整を強くおすすめします。見やすさだけでなく着け心地も改善するでしょう。

腕時計のバランスを写真で解説

⭕️「真上、やや手前に向いている調整」
・文字盤がいつも見やすく、腕時計の重さもあまり感じない。

時計 真上にのっている

❌「奥に傾いている調整」
・腕を傾けないと文字盤が見にくく、腕時計も重く感じる。

時計 奥にずれている

ベルトサイズは個人の好みのサイズでかまいませんが、見にくさや腕時計の重さを感じる場合はバランスを変えことで改善できます。

スポンサーリンク

妥協しないで微調整

多くの腕時計のメタルベルトは、微調整できる仕組みになっています、現在のサイズ、バランスに不満がある方は再調整をしましょう。

再調整をするときは、いぜん調整したときに外したコマ(部品)も持って行きましょう。

個人でも出来る微調整の方法

メタルベルトの種類により、個人でも簡単に微調整できるバックルタイプがあるので見分け方と微調整方法も紹介します。

「見分け方」
・バックルに微調節用の小さな穴が数個ありますか?あれば微調整できます。

バックル 微調整穴-説明

「工具:バネ棒はずし」
・キズをつけないように時計用のバネ棒はずしを使いましょう。

バネ棒はずし 説明ありバネ棒はずし 持ち方 説明あり

watch-mix厳選工具>>おすすめバネ棒はずし

「作業手順」

1.バネ棒はずしでピンを少し押し込んで、ベルトを少しだけ外に動かす(一度に外さない)

バネ棒を押し込む 説明ありコマを少しずらす 説明あり

2.バネ棒が飛び出さないように指で押さえるようにして外す。
バネ棒(バネが組み込まれたピン)は、そのまま外すと勢いよく飛びだして紛失する恐れがあるので注意してください。

コマを指でおさえる 説明ありバックルから外す 説明あり

3.調整したいサイズ位置に、バネ棒を慎重に取り付ける。
バネ棒の先を少し出して穴に入れてから、ベルトをバックルに入れると作業しやすいです。

バネ棒の先をいれる 説明ありコマをバックルに押し付けて 説明あり

バネ棒の先をおしこむ 説明あり穴にバネ棒の先が入ったか確認 説明あり

4.確実に取り付けが出来たか、必ず引っ張って確認する。

引っ張って確認 説明あり微調整 完了 説明あり

注意 :長く愛用している腕時計では、バネ棒がサビたりして内部のバネが固まっている場合もあります。この場合はバネ棒交換が必要なので無理に外さず、時計店で調整してもらいましょう。

「バネ棒用工具はコレがおすすめ」

明工舎製作所 MKS バネ棒用工具 46000

解説「バネ棒」バックル用

バネ棒-説明付き

中にバネが組み込まれており伸び縮みします。ベルトの取り付け部分やバックル部分に使われています。

注意:作業をするときはバネの力で勢いよく飛び出す場合があるので、バネ棒の紛失や目に当たらないように注意しましょう。

調整コマで微調整

最近は微調整の方法として、半コマ、調整コマと呼ばれる通常より小さなコマで調整するベルトが増えています。

バックルのデザインを小さく綺麗にできるので、高価な腕時計などは調整コマ方式が多数です。

調整コマでの微調整は、工具や経験がないと上手くできないので時計店で調整をしてもらいましょう。

「通常コマと半コマ」大きさが違うので、微調整が可能となっています。(写真はピン方式のコマです)

コマ、半コマネーム有)-1

時計店で再調整してもらう場合は調整時に外したコマも全部持って行きましょう。

スポンサーリンク

最後に

腕時計の着け心地が良くないと感じている方は再調整をしてみましょう。

*サイズを大きくする再調整で予備のコマを紛失した場合などの、コマ足しは有料になります。また販売店でもコマの在庫はありませんので、メーカーからの取り寄せになるので時間もかかります。

どこで調整するか迷っている人はこちらを「時計のベルト調整は、どこで?いくら?」参考にしてみてください。

自分で調整を行う場合は、破損や傷に気をつけてください。

自分でベルト調整出来るようになれば季節や体重の増減に対応でき、いつでも気持ちよく腕時計を着けることができます。

腕時計が好きな人はぜひ練習してみてください。

ベルト調整方式が分からない人は「時計ベルトの調整方式を見分けよう【写真解説】」を参考にしてみてください。

おすすめ工具、メンテナンス特集号

▼おすすめ工具

▼初心者必見メンテナンス特集

スポンサーリンク

「時計ベルトのサイズとバランスを確認しよう!」への2件のフィードバック

  1. 腕時計の調整で指の先端が入るくらいに調整すればよい。とありますが、一般素人は、川野ベルトを交換したい場合、わたくしは自分の手首も大きさをはかります。時計の大きさと基本はベルトの止め金具はベルトのどの穴から計算するのかが明記されてない。手首の大きい人はベルト最後でギリギリ最後の穴で止めると、使用中腕からベルトが外れます。この部分を明記されてない。この辺をご指導ください、

    1. 松岡さまコメントありがとうございます。

      サイズの件ですが、松岡さまの指摘のとおり交換用に販売されている革ベルトには対応サイズなど明記されてありませんでした。

      私も時計バンドの公式ページやネットショップを見てみたのですが、ベルト穴の位置や計算方法を見つけることができませんでした。

      ご提案なのですが、
      もし普通サイズの革ベルトを使用して短いのであれば、市販品の革ベルトにはロングサイズ(寸長)という数センチ長く作られている革ベルトもあるのでおすすめします。

      時計専門店やデパートの時計売り場などは、市販品ベルトも種類が多くロングサイズも在庫されていると思いますので、販売員の方にご相談されるのがいいと思います。

      一例として楽天市場で販売されているロングサイズの商品ページもご紹介しておきます。→楽天市場:時計用ベルト ロングサイズ

      ご相談のサイズの的確な回答が出来ずに申し訳ございません。

      watch-mix管理者より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です