腕時計のコマ足しについて「ベルトの部品が無いけど大きくできる?」

腕時計 コマ足し アイキャッチ

腕時計のベルトを大きくしたい人へ!

もらった腕時計や、痩せていた時の腕時計などで、サイズが小さくて腕に全然入らなく困っている人もいると思います。

今回は、ベルト部品が無い腕時計のサイズを大きくする”コマ足し”について分かりやすく解説します。
*「コマ足し」ベルト部品を取り寄せてサイズを大きくする用語

ほとんどの時計ブランドで対応可能ですが、ベルトのコマ足しは有料になります。

基本的にはサービスセンターからコマを取り寄せての対応となるので、即日のコマ足しはできません。約1~2週間かかる場合がほとんどです。

*コマとは:ベルトの部品一つをコマと呼びます

腕時計 コマ マークあり

「コマ足し」について

コマ足しは時計店で依頼をします。

依頼をするのは購入店でなくてもかまいませんが、できれば大型量販店や時計専門店などがおすすめです。

理由は、大型店や専門店の方がサポートセンターや代理店などとの集配回数が多く、入荷待ちの期間が短くなる可能性が高いからです。(小さな個人時計店やホームセンターは、あまりおすすめしません)

コマ足しのポイント

  • 店頭で依頼(必ず時計を持っていく)
  • 期間は約1~2週間かかる
  • コマ足しは有料

店員に「サイズを大きくしたいけどコマがありません」と伝えれば、取り寄せの対応をしてくれます。

必要になるコマ数を相談しましょう、ゆるめが好きだったり体型が変わるのが心配なら多めに依頼しても良いでしょう。

ーー腕時計を持っていく

腕時計の型番が分かっていても腕時計は必ず持って行きましょう。必要になるコマ数やベルトの型番を確認するのに必要になります。

とくに海外モデルなどは、型番が同じでもベルトが数種類ある場合もあります。
*SEIKOなど国産メーカーの時計はベルトにベルト型番が刻印してあります。

ーーコマの入荷期間

即日対応できないのは、現在販売されている腕時計でも予備としてコマだけを在庫していないからです。大型時計店などでも基本的にコマは取り寄せとなります。

メーカーに在庫があれば約1~2週間くらいで入荷します。

ーー料金

料金はコマの実費だけを取るお店が多数だと思いますが、ベルト調整費用も必要な店舗もあるかもしれませんので確認してください。

コマの金額はブランドや素材などで大きく変わります。数百円から数万円までと幅があるので必ず確認しましょう。

基本的にコマは修理部品扱いなので、時計の販売価格に対して比較的に高価になります。(3万円ほどの腕時計のコマ1つが1500円ということもあります)

コマ足しをする前に確認すること

コマ足しを依頼する前に、まずは微調整ができるか確認しましょう。

ベルトのバックル(中留)などに小さな穴が数個ほど並んでいれば、それが微調整用の穴です。

腕時計 微調整の穴 マークあり

腕時計により微調整だけでも1cmくらい調整できる場合があるので、時計店などで相談してみてください。

コマ足し出来ないケース

  • 時計が生産完了して数年経っている
  • 逆輸入モデル
  • ノーブランドの時計

上記の腕時計はコマ足しができない場合もあります。

とくに10年以上前に生産完了している腕時計は、コマだけでなく全ての補修部品が無い場合がほとんどです。

また、逆輸入モデルやノーブランドの腕時計もできない場合があります。

最後に

悩み ほおづえ 子供 フリー素材

腕時計のベルトサイズが小さくて悩んでいる人に、参考にして頂けるように記事にしました。

ベルトのコマなど修理部品も無くなる場合があるので、なるべく早く相談しましょう。もし、コマが無くなっていても、大切な腕時計なら革ベルトに交換できるか相談するのもいいと思います。

▼コマ足しをしたら、こちらもおすすめ▼
時計ベルトのサイズとバランスを確認しよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です