時計のベルト調整は、どこで?いくら?

時計 調整 プレゼント ベルト調整.交換
スポンサーリンク

私が腕時計の販売をしていたときに多くあったご相談があります。

それは、

「違うお店で購入した時計を調整してもらえる?」というご相談です。

今回は”調整できる店は、どこ!?”にお答えします。

はじめに、ご相談のお答えをするとベルト調整は有料になりますが時計店ならどこでも出来ます。

基本的にどこの時計店でも出来ますが購入店以外の場合は「調整料金」がかかります。調整料金の相場としては500~2,000円くらいです。

もう少し具体的に説明すると店舗により違いもありますが、

  • 家電量販店の時計売り場などでは500~1,000円前後
  • デパートやブランドショップなどでは1,000~2,000円前後

くらいでしょう。

プレゼントでもらったりネットショップで購入した腕時計、またサイズが合わなくなった場合など腕時計のベルト調整に関して詳しく解説します。

watch-mix
watch-mix

購入店でなくても有料ですがベルト調整は出来ます。

料金は500~1,000円くらいでしょう。

スポンサーリンク

ベルト調整を断られることはある?

ベルトをつまんでコマをみる

基本的にはどこの時計店でもベルト調整はできるのですが、お断りされるケースもあります。

例えば、

  • 手作りの一点物の時計
  • 全てプラスチックで出来ている時計
  • 専用工具が必要な時計

などです。

理由としては、調整ができないのでは無くトラブル時に対応が出来ないからです。

手作りの腕時計の場合

時計本体に飾りなどを付けてある手作りの腕時計は、ベルト調整作業中に装飾が破損するケースがあるからです。

それと、破損した場合に修理が出来ない場合があるのも理由の一つです。

手作りの一点モノの腕時計は、事故があった場合に製作者と連絡がとれる購入店での調整がおすすめです。(トラブルがあった場合も対応ができるため)

プラスチック製の腕時計

景品などでよくあるプラスチック製の時計も調整するときのショックで壊れるケースもあるので断られる場合もあるでしょう。

実際に私が時計店で働いていた時にベルトのピンを抜こうとするとベルト自体が割れてしまったトラブルもありました。(お客さまから壊れてもいいのでと依頼されたケースです)

ベルトもプラスチック製の腕時計の場合は、造りや強度がさまざまで”出来る・出来ない”は何とも言えません。

とにかく時計店で相談してみましょう。

専用工具が必要な腕時計

まれなケースですがベルト調整に専用工具が必要な腕時計もあります。

代替の工具でもできる場合もありますが、無理におこなうと時計に傷が入るおそれもあるのでお断りする場合がほとんどです。

調整するのは、どこがおすすめ?

疑問イメージ

■おすすめは家電量販店の時計売り場

一般的な時計メーカーの時計なら家電量販店の時計売り場でベルト調整するのがおすすめです。

理由としては、

  • 調整料金が比較的安めなこと
  • 経験のあるスタッフが多い
  • 待ち時間が比較的短い

などです。

家電量販店の時計売り場はお客様も多く、若くても熟練したスタッフが多数です。

また、セイコーやシチズンなど国産時計ならメーカー販売スタッフが常駐していればさらに安心です。

国産時計ならメーカースタッフに相談するのがおすすめです。それぞれの時計のクセや調整ポイントを心得ています。
(メーカースタッフはメーカー名の入ったネームプレート、ジャンパーなどで確認できます)

さらに量販店はスタッフが多く待ち時間も比較的に短いと思います。
注意:クリスマス、お正月などは混み合うので時間がかかります

*小さな時計店や、時計電池交換できますと看板のある雑貨店などでは対応できるスタッフの休憩時間などの関係で待ち時間が長くなる場合があります。

  購入店 購入店以外
できる? 調整できます 断られる場合あり
調整料金 多数の店は無料 500~1500円
その他 再調整も無料の場合あり 系列店は無料の場合あり

再調整をする場合

ベルトの再調整をするときは、外したコマ(ベルトの部品)は必ず持って行きましょう。
(外したコマは、たいていビニール袋に入れて渡されます)

ベルト調整時に微調整用のコマが必要になるケースや、長年使っている場合は割りピンというベルトをつなぐピンが錆びていて交換が必要な場合もあります。

再調整時にはサイズだけでなくバランスもしっかり確認しましょう。

関連記事→「腕時計のコマ足しについて「ベルトの部品が無いけど大きくできる?」

これだけはしましょう

再調整を依頼するときは、簡単でいいので腕時計を掃除することをおすすめします。

時計ベルトの調整時には店員の方に時計裏やベルト裏側など、全て見られるので凄く汚れていると恥ずかしい思いをすることに…。

関連記事→「簡単で効果抜群の掃除方法!【腕時計】

適正サイズを知っていますか?

腕時計のベルト調整は手首にぴったりすぎると、さまざまなトラブルの原因になりかねません。

まず、適正サイズを知っておきましょう。

時計のベルトサイズに不安な方は「時計ベルトのサイズとバランスを確認しよう!」の記事を参考にしてみてください。

基本的なサイズとしては人差し指の指先が入るくらいです。

グッと押し込んで入るくらいでいいでしょう

時計 指一本サイズ

例外:レディースウオッチなどで華奢(きゃしゃ)なデザインの時計は、ゆるめに合わせる方が綺麗に見えるので多少時計が動くくらいのサイズでも構いません。

スポンサーリンク

最後に

ネット購入やプレゼントされた時計でも購入店以外でも調整してもらえるので安心してください。

もしベルト調整料金が2,000円以上する場合や、お預かりで一週間とか言われた場合は他店でも相談してみましょう。

またベルト調整はサイズだけでなくバランスも重要なので、調整後は必ず試着して見やすさなどもチェックしましょう。

ちなみに、自分でベルト調整する場合の時計工具はAmazonで1,000円ほどでも買うことができます。⇒時計工具の一例

自分で調整したい人はこちら

自分でベルト調整をしたい人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

おすすめの工具や時計雑誌

▼おすすめ基本工具セット(ピン方式)

▼大切な時計の基本メンテが分かる一冊

コメント

タイトルとURLをコピーしました