逆輸入SEIKOダイバーズ「SRP043・スポーク」まるで重戦車!!

SRP043 アイキャッチ タイトルあり

SEIKO逆輸入ダイバーの中でも異彩を放つSRP043愛称「スポーク」をレビューします。

ダイバーズウオッチなのに重戦車です!!

残念ながらこの時計は、すでに生産完了しており、生産数がかなり少ないので中古でも入手は難しいと思われます。

スポンサーリンク

SRP043の特徴

この時計はとにかくゴツい!!

しかし、時計全体のデザインはクリーンで好印象です。

デザイン

文字盤はとてもシンプルで時間も視認しやすいです。パイロットウオッチの定番デザインになっています。

SRP043 文字盤解説

文字盤デザインは12.3.6.9時に大きなアラビア数字が配置され、分のインデックスが回転ベゼルと放射状に繋がるようなイメージになっています。

時分針もダイバーズっぽく無く、非常にシンプルです。

文字盤だけではダイバーズウオッチのイメージはありません。

サイズと重量

ケースは44mmと幅広く、厚さもかなりあります。

SRP043 サイド アップ
厚さ12㎜で迫力あります!

国産メーカーのダイバーズやミリタリー系ではケースを大きくしても素材をチタン製などにして軽くしていますが、
逆輸入のSRP043はそんなコトはお構いなくステンレス製で、その重量はベルト調整した私の時計でも190gもあるのです!!重い!!

SRP043 190g
190gもあります!

私も最初は重すぎてビックリしましたがメタルブレス仕様では全体のバランスが良く、着け慣れれば余り気にならなく成りました。

愛称「スポーク」の由来

スポーク(spork)とはスプーンとフォークが一緒になったモノで、日本語では「先割れスプーン」です。

諸説ありますが、
由来としてはSPR043がダイバーズウオッチとパイロットウオッチ系デザインの2種類が一緒になっているからのようです。

ダイバーズウオッチ+パイロットウオッチ
矢印 下向き
=SRP043「スポーク」

スペックなど

 SRP043「SPORK」
 サイズ  44mm×12mm
 重量  190g(4コマ外した場合)
 防水  200m潜水用防水
 ガラス素材  ハードレックス
 キャリバーNO  4R15(パワーリザーブ50時間)
 ケース素材  ステンレスケース

ダイビング時にウェットスーツの上から着けれるようにアジャスターも有ります。

SRP043 アジャスター部アップ
簡単にベルトサイズを伸ばせます。

クラスプ(中留)は無垢では有りませんが、剛性感は高いです。

SRP043 クラスプ
剛性感が高く曲がる気配もありません。

気になるところ

注意点が2点あります。

  • 手巻き機能なし
  • ハック機能なし

止まった時は手巻き機能が付いていないので、時計を振って巻き上げないといけない事です、朝急いでる時など面倒です。

あと、秒針を停めるハック機能も付いていません。私は気になりませんが、秒まで時間合わせをしたい方は注意が必要です。

最後に

この時計はセイコーダイバーズの中では無骨な時計で、マリーンマスターのツナ缶と同じような塊感のあるデザインです。

SRP043 マリーンマスター 対比

ツナ缶と比べても迫力負けしません!

約7年間ほどラフに使い込みましたが、イメージ通り非常にタフな時計です。ガンガン使ってもトラブルは一切有りませんでした!

安心感と存在感の塊です。

photo by watch-mix

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です