復刻デザインのツナ缶が欲しい!やっぱりこの文字盤、針が好き!

本格ダイバーイメージ

「SBBN040」が私のベストツナ缶!

2018年のバーゼルワールドで発表された「1978 クオーツダイバーズ 復刻デザイン」のSBBN040は8月10日発売予定なのですが、世界限定1,978本と少ないので予約で完売するかもしれません。

なんと言っても「ほぼオリジナルに近いデザイン」が素晴らしい!以前からのツナ缶ファンも納得の一本です。

現行モデルの針や文字盤がきれい目なデザインになっていて不満な人は、ぜひこの復刻デザインを検討してみてください。

今回は、

2018年8月発売予定「SBBN040」の私的なお気に入りポイントをお話しします。

スポンサーリンク

1978 クオーツダイバーズ 復刻デザイン
マリーンマスター「SBBN040」

セイコー SBBN040 復刻限定モデル出典「SEIKO

キャリバー 7C46(クオーツ)
ケース素材 チタン
ガラス サファイアガラス
サイズ 49.4×15.3mm
販売数量 世界限定1,978本
発売予定日 2018年8月10日

1978年に発売されたクオーツダイバーズの復刻デザインとなる「SBBN040」ですが、ブラック×ゴールドというセイコーダイバーズの伝統的なカラーリングがとても精悍な印象。

そして復刻モデルはオリジナルの雰囲気を再現するだけでなく、1000m飽和潜水用防水になり、サファイアガラスやジルコニア・セラミックス素材のプロテクターが採用など最新のスペックになっています。

ここが最高!

・文字盤のデザインが精悍!
・オリジナルデザインの針
・ブラック×ゴールド
・サファイアガラス

私は前モデルのツナ缶「SBBN017」を愛用しているのですが、一つだけ残念だと思っていたことがあります。それはインデックスにあったフチドリが無くなっていたことでした。

参考写真「SBBN017」前モデル

セイコー SBBN017 Amazon出典出典「Amazon

そのフチドリがあることで文字盤が立体的に見えて、奥行き感がある良いデザインだと思っていたのです。

参考写真「SBBN007」2代前モデル(フチドリあり)

セイコー SBBN007 Amazon出典出典「Amazon

そして、8月に発売予定の「SBBN040」はオリジナルモデルのような12,6,9時だけがフチドリがある文字盤になるようです!(セイコーHPのニュース記事で見る限り)

このバランスが最高にカッコ良く、本当に綺麗で精悍な表情になっています。

ダイビングツールと考えれば余計な装飾より蓄光箇所が少しでも増える方がいいのかも知れませんが…、以前の文字盤の方が私は好みです。

参考写真「オリジナルモデル」

セイコー オリジナル 1978ダイバー 公式HP 引用出典「SEIKO

ほぼこのデザインの文字盤になるようで、正式発表が待ち遠しいです。

コレコレ!

これいいんじゃないですかー!!

さらに、

ブラック×ゴールドがカッコいい!

じつは、このブラック×ゴールドって年代を問わず使える良い色使いで、私も一本欲しくて探しています。

最近はピンクゴールドが多く、今回のような”金色”って感じは少なくなってきています。色は好みなのでどちらが良いとかはありませんがこのベタな金色も男らしくて良いですね。

そしてガラスもサファイアガラスなのでキズの心配もありません。

私が愛用している「SBBN017」はカーブガラスなのでキズの心配と屋内の照明が反射する場合があるのが残念なのです、なのでサファイアガラスは羨ましいです。

まだ正式な発売アナウンスがされていませんが、バーゼルワールドのニュース記事が出た時からワクワクして待っています。

ただ、世界限定1,978本って…もしかしたら実物を見る機会もなく完売しそうなんですけど。

このモデルを狙っている人は、発表されたら予約した方が良いと思います。

私物のツナ缶はこちらでご紹介しています。(革ベルトにした写真も載せています)
>>SEIKOマリーンマスターが凄い理由【ツナ缶】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です