シチズンのアテッサ「AT8040-57E」が良すぎて、他をすすめにくい…

シチズンのアテッサ「AT8040-57E」が良すぎて、他をすすめにくい…

時計の販売している頃の話しですが、”売れるけど売りたくない時計”がありました…。

それは、

お客様が12万円の時計と8万円の時計で悩んでいる場合に、12万円の時計をプッシュしているのですが、どうしても安い時計に決まってしまう場合です。

数万円も高額な時計より、もっと魅力的な時計があるんです。

私がいちばん”売りやすいのに、売りたくない”と思った腕時計は、シチズンのアテッサ「AT8040-58E」です。

2012年モデルなので古いモデルなのですが、現在の時計と比較しても、まったく見劣りしないスペックだと思います。

それと、デザインが素晴らしいのです。

多くの男性が好きなクロノグラフの正統派デザインで、上品な縦ならびのクロノ針がカッコよく配置されています。

そして、操作ボタンも派手すぎないシンプルな形状で、ケースにそったデザインにされています。

大きさも、厚さも、重さもすべてにおいてバランスが良い、いや、良すぎる…。

私がもしサラリーマン数年目で、自分に少し良い時計を買おうかと悩んだらこのモデルを買ってしまうと思います。

スポンサーリンク

シチズン アテッサ
「AT8040-57E」

シチズンAT8040-57E公式 引用出典「CITIZEN公式HP

>>Amazonで詳細や価格を見る

>>楽天市場で詳細や価格を見る

かんたんにスペックなどをご紹介します。

キャリバー H804
特長 ワールドタイム電波時計
サイズなど 41×9.9mm・90g
ケース素材 スーパーチタニウム
ガラス サファイアガラス
防水 10気圧防水

とてもバランスが良いスペックです。

電池交換不要、時刻合わせ不要でチタン製でとても軽くガラスもサファイアガラス採用と言うことがありません。

とくに厚さが1cmもない薄さで、ワイシャツの袖口にも通りやすくスーツとの相性もいいと思います。

シチズン 8040-57 横側 Amazonより引用出典「Amazon

個人的にはデカ厚時計が好きなのであまり厚みは気にしないのですが、一般的には薄い方が使いやすいので人気ですね。

デザインのポイント

そして、デザインもとてもバランスが良いと思います。

全体的なトーンは抑えぎみなのですが、曜日表示とカレンダー枠の位置などが良いワンポイントになっているので立体感が出ています。

そしてソーラータイプの泣き所の文字盤も上手くデザインされています。

シチズンAT8040-57E 全体 公式HP引用出典「CITIZEN公式HP

ソーラー時計は文字盤の下に隠れているソーラーパネルに光を通さないといけないので、色やデザインに制約があり似たり寄ったりになるのですが、このモデルはグリッド状にドットを配したデザインが上手く全体と調和しています。

シチズン 8040-57 文字盤 Amazonより引用出典「Amazon

実際に近くで文字盤を見ても、ソーラー時計にありがちな安っぽさがありません。

そして、ベルトも全体と調和するシャープなデザインできれいです。

気になるところは?

  • とくにありません

はっきり言って、このシャープなイメージが好きな人には気になるところは無いと思います。

あえて言うなら、現在はGPSウオッチが人気なのでGPSが気になるならそちらも検討した方がいいかも!?ってくらいです。

セイコーの時計と比較するなら?

仮にセイコーの同クラスと比較するなら、ブライツの「SAGA193」だと思います。

セイコー ブライツ SAGA193 公式HP引用出典「SEIKO公式HP」SAGA193

>>Amazonで詳細や価格を見る

>>楽天市場で詳細や価格を見る

ソーラー電波時計で同価格なのですが、ブライツはステンレス素材で重さが150gと重くなっています。またサイズも43.6mmと大きめです。

サイズや重さなどは好みがあると思いますが、やはり軽い方が良いという方が圧倒的に多数です。

このブライツのデザインはスポーツイメージが強いので、スーツなどに合わせたい人ならアテッサの方が合わせやすいですね。

また、少し価格が上がるのですがブライツにもチタン製の「SAGA197」がありますが、大きさと厚さがあるので好みが別れるところでしょう。

セイコー ブライツ SAGA197 公式HP引用出典「SEIKO公式HP」SAGA197

>>Amazonで詳細や価格を見る

>>楽天市場で詳細や価格を見る

このSAGA197ならチタンなので93gと軽いので、アテッサとデザインなどを比べて好みで選んでも良いと思います。

私なら、どちらを選ぶ?

  • アテッサを選びます

私はどちらかと言えばセイコーファンなのですが、このアテッサとブライツの二択ならアテッサを選びます。

理由はスペックで選ぶなら価格が安いアテッサの方が良いのと、デザインでもこのアテッサのAT8040-57Eは上手く立体感が演出されており素晴らしいと思うからです。

そして、もう一つの理由は”セイコーファン”だからこそ、このブライツのデザインテイストならもっと欲しいモデルがあるからです。

それは、アストロンのSBXB123です。全くスペックも価格も違うのですが、デザインに間延びした感じが無く、とても精悍でカッコいい時計です。大きくてハリがあるデザインの時計が欲しいなら頑張ってアストロンを買っちゃいます。

セイコー アストロン SBXB123 公式HP引用出典「SEIKO公式HP」SBXB123

>>Amazonで詳細や価格を見る

>>楽天市場で詳細や価格を見る

なので、

仕事も遊びも1本だけって場合はアテッサを選びます。

最後に

最初に「売れるけど売りたくない」と書いた理由は、

時計の販売では良くあるのですが、本命の時計とちょっと背伸びした時計を比べてから買うお客さまが多くいらっしゃいます。

たとえば、販売価格が12万円の時計と8万円の時計のどちらかを買いたいという場合は、やはり販売という仕事なので12万円の時計を購入して頂きたいのですが…、

今回ご紹介しているようなアテッサの場合はアテッサを決められるお客さまが多いんですよね…。私の販売能力が足らないだけかもしれません…。

それくらい、アテッサのAT8040-57Eが良すぎるので他の時計を進めにくいってことなのです。

少し裏話…時計の販売ってバンバン売れるクリスマス時期など以外は、ゆったり接客をするので他の社員に接客を見られていることが良くあるのです。

後で「どちらが売れたの?」って聞かれる場合もあって…それで他の社員から「あっ、安い方が売れたのね」って言われると…ちょと凹みますねw。

ちがうんです、アテッサのAT8040-57Eが良すぎるんです。

この記事でご紹介した時計はこちら

▼比較した時計はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です