「レオニダス」手巻きアラームウオッチをレビュー

レオニダス 手巻きアラーム

わたしが持っている唯一の手巻き時計をご紹介します。

とてもデザインが優雅でお気に入りです、

レオニダスの手巻きアラームウオッチをレビューします。

スポンサーリンク

レオニダスとは

レオニダスは1841年に創業されたウオッチメーカーで、特にクロノグラフのムーブメントに定評がありました。

1964年にホイヤー社(現在のタグ・ホイヤー社)と合併して
ホイヤー・レオニダスSA」となり、両社の優れた技術とデザインで優れたクロノグラフやストップウオッチなどを販売し、世界のトップブランドとなりました。

現在はレオニダスという社名はありませんが、多くのビンテージウオッチが残っており、価格も安価で販売されています。

デザインが美しい

この時計はデザインが非常に優雅です、シルバー色にほんのりゴールド色が混ざったような色合いの文字盤に、

シルバーのダイヤモンドカットされたような立体のインデックス、特徴的なアラビア数字のインデックスが絶妙に調和しており、何とも言えない雰囲気を出しています。

レオニダス 正面 やさしいデザイン

レオニダス インデックス 印象的なインデックス

さらに、二つのリューズは優しい玉ねぎ型リューズ、ラグは時計ケースに寄り添うようにふっくらとした盛り上がった形にデザインされています。

レオニダス リューズ 玉ねぎ型 玉ねぎ型リューズ

針はドルフィン針で、アラーム針はすらっとした槍型針となっています。

一つ一つ個性のあるデザインが、調和しているのがスゴイ!

気になるムーブメントは?

ムーブメントは「ア・シールド」社の手巻きアラームムーブで、

cal.1930だと思われます。

裏蓋が二重構造になっています、おどろくほど大きな音がするんです!

レオニダス うらブタ 小さな穴が開いています

この時計のくわしい資料はほとんど無いのですが、1990年に当時のタグ・ホイヤー社がレオニダス名で限定販売していたようです。

ホイヤー社に残っていたエボーシュ(時計部品)で製造されたとか記述もありますが、定かではありません。

2時側のリューズでアラーム合わせと、アラームのゼンマイ巻き上げ、

4時側のリューズで通常の時刻合わせと巻き上げを行います。

手巻き17石で、アラームはジ、ジ、ジーと虫(クリケット系)が鳴くような大きな音がします、

しかし、アラームを鳴らすと周りの人に驚かれるのであまり使いません(笑)

使ってみて思うこと

この時計も20年以上経ちますが大切に使っています、一目惚れでした。

レオニダス ジャケットコーデ ジャケットスタイルにピッタリ

良いところ

  • とにかくデザインが気に入っています、特にインデックスのデザインが好きで飽きることがありません。
  • もう20年以上使っていますが、定期的にオーバーホールをしているので、今でも日差+20秒ほどで気持ち良く使えます。
  • 小ぶりでスタンダードなデザインの時計なので、仕事やフォーマルな場所など、スーツや正装に合わせやすい。

気になるところ

  • やはり防水性がほとんど無いので、雨、汗などに気を使う。
  • ガラスでは無く、プラスチック風防なので、スリ傷が入りやすく気を使う。

最後に

購入時はレオニダスというブランドも、手巻きアラーム時計ということも分からずに、デザインに一目惚れして決めました。

しばらくは、オリジナルの革ベルトで使用していましたが、

2年ほどしてから、紺色やオレンジ色など色々なベルトに付け替えて、楽しんで使ってました。

しかし残念なことに、尾錠をDバックルに交換して使うようになって、オリジナルの尾錠をいつの間にか無くしてしまいました。

さらに、湿気などの影響でインデックスも少し腐食しています、
日本の湿度ではしかたないですね。

 

とにかく、この時計のデザインはいつまで経っても飽きることがなく、その時の自分には高価な時計でしたが購入しておいて良かったです!

良い出会いでした。

photo by watch-mix

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です