セイコー、シチズンどちらがいい?

どちらのメーカーがいい?!

よくある質問なのですが、

セイコーとシチズンどちらがいい?

私のおすすめメーカーは?!

私はメーカーでどちらが良いとは考えていません、しかし”価格帯やシリーズ”などではセイコーとシチズンの良し悪しがあると思うのでお話しします。

*それぞれ写真上に店舗へのリンクがあるので価格や詳細が確認できます。

定価3万〜10万円の価格帯

この価格帯ではスタンダードなソーラー時計や電波時計が狙い目になります。

国産時計での売れ筋の価格帯です。

シチズンが良い

この価格帯ではソーラー時計や電波時計がメインで、早くからソーラー電波時計を販売していたシチズンのアテッサがラインナップも幅広く完成度も高いです。

ーーアテッサが鉄板!

  • ラインナップが豊富
  • 文字盤の仕上げがいい

ソーラー時計は文字盤が光を通すしくみになっているので仕上げが難しいのですが、ソーラー時計が得意なシチズンは低価格の腕時計でも文字盤に仕上げに文句がありません。

また、時計本体やベルトにキズがつきにくい特殊処理がしてあるのですが、この技術も長年採用しており仕上げもとても綺麗です。(デュラテクト)

補足:キズがつきにくい処理は両メーカー出来るのですが、シチズンはこの技術に早くから取り組んでおり完成度が高い。(デュラテクト)

この価格帯のスタンダードな腕時計はシチズンがおすすめです。

ーーおすすめモデル

「CITIZEN アテッサ AT8040-57E」

シチズンAT8040-57E公式 引用
出典「CITIZEN公式HP

メーカー希望小売価格100,000円+税

販売価格や詳細を見るアテッサ AT8040-57E

定価10〜15万円の価格帯

この価格帯ではどちらのメーカーも安心しておすすめできます。どの腕時計も仕上げなども文句はありません。

この価格帯は国産時計の高級ラインになるので良い時計ばかりです。

デザインで決めて大丈夫

この価格帯ではメーカーでの差はほとんど無いでしょう。

しかし、各メーカーでデザインの方向性が違います。

イメージとしては、

  • セイコー:スタンダードな時計のデザイン、時代に左右されない
  • シチズン:シャープな面で構成された若々しいデザイン

といった感じです。

10~15万円の価格帯ではセイコー、シチズンどちらもおすすめです。気に入ったデザインで選んで大丈夫です。

ーーおすすめモデル

「CITIZEN アテッサ AT9096-57E」

シチズンAT9096-57E引用
出典「CITIZEN公式HP

メーカー希望小売価格140,000円+税

販売価格や詳細を見るアテッサ AT9096-57E

「SEIKO プレサージュ SARW035」

セイコー プレサージュ sarw035
出典「SEIKO公式HP

メーカー希望小売価格120,000円+税

販売価格や詳細を見るプレサージュ SARW035

定価15万円〜

定価15万円オーバーなら、国産メーカーでは最上級ラインになります。

やはりデザインやムーブメントそして各部の仕上げまでにこだわって造られているので満足感が違ってきます。

気に入った時計を永く使いたい方におすすめの価格帯です。

グランドセイコーがおすすめ

  • 満足感が高い
  • 年齢を重ねても着けやすい

各メーカーともムーブメント(機械)や仕上げにもこだわり満足感の高い時計ばかりですが、私は国産時計の最高峰「グランドセイコー」が断然おすすめです。

グランドセイコーの時代に左右されないデザインと仕上げの良さ、ラインナップの豊富さが理由です。

クオーツ、メカニカル、手巻き時計、スプリングドライブどれも本当に良い時計ばかりです。

また2017年3月より新ロゴとなり、グランドセイコーの世界観が一新されました。きっと、あなたを輝かせる心から満足できる腕時計を見つけることができるでしょう。

グランドセイコーは古くからの歴史があり「使う喜び」「所有する喜び」があります。

グランドセイコーは、私が一番おすすめする国産腕時計です。

ーーおすすめモデル

「グランドセイコーSBGV223」

グランドセイコー SBGV223 引用画像
出典「グランドセイコー公式サイト

メーカー希望小売価格260,000円+税

販売価格や詳細を見るグランドセイコー SBGV223

ダイバーズウオッチ

本格的に潜る潜らない関係なく、ダイバーズウオッチで選ぶならセイコーがおすすめです。

国産初のダイバーズウォッチから現在のモデルまで、セイコーダイバーズは多くのファンに愛されています。

セイコーダイバーズが良い!

セイコーのダイバーズウオッチはラインナップも多く、お気に入りの1本が見つかるでしょう。

本格スペックのマリーンマスターシリーズは職業ダイバーからも絶大な信頼を持たれているダイバーズウォッチで、国産ダイバーズウォッチを代表的とするシリーズです。

国産ダイバーズウオッチならセイコーがおすすめです。

ーーおすすめモデル

「SEIKO ダイバースキューバ SBDC051」

SBDC051 公式HP引用
出典「セイコー公式HP

メーカー希望小売価格100,000円+税

販売価格や詳細を見るダイバースキューバ SBDC051

機械式時計

機械式時計は高額の時計ばかりで購入できないと思っている方が多いのですが、5万円前後で良い時計が購入できます。

セイコーが良い!

シチズンでも機械式時計のラインナップがあるのですが、セイコーのラインナップやデザインの方がやはり一枚上手です。

セイコーの機械式モデルは、

  • メカニカル
  • プレサージュ
  • プロスペックス
  • グランドセイコー

など、幅広く選ぶことができます。

機械式時計ならセイコーがベストです!

補足:セイコーの低価格機械式時計は価格以上の精度や質感があります。また、逆輸入の機械式時計はカジュアル用の時計としてもおすすめです。

ーーおすすめモデル

「SEIKO プレサージュ SARY057」

セイコー プレサージュ SARY057 公式HP
出典「SEIKO公式HP

メーカー希望小売価格38,000円+税

販売価格や詳細を見るプレサージュ SARY057

最後に

セイコーとシチズンを分けて検討する方もいるのですが、価格帯やシリーズで選びやすさやなどが変わるので、どちらが全体的に良いと言えないと考えています。

今回はラインナップの充実度と定番の時計の有無を基準にして、おすすめモデルなどをご紹介しました。

ご参考になれば幸いです。

腕時計選びが楽しくなる本

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です