時計のオーバーホールについて【3年に一度?】

レマニア5100 

時計が好きになった方が一度は疑問に思う、オーバーホールについて。

本当に3年に一度しないとダメ?

オーバーホールは本当に必要?って疑問にお答えします。

私のおすすめは

機械式時計のオーバーホールは、購入して3年目くらいに一度、後は5年おきくらいにするのが良いと思います。

また、クォーツ時計は電池交換しても止まった時。または、トラブルが無くても本当に大切に使いたい時計なら10年目くらいにオーバーホールをおすすめします。

スポンサーリンク

機械式のオーバーホール

機械式の時計はどうしても最初の数年はあたりが出るまで、わずかな摩擦などでも金属粉などが出やすく機械油の劣化が早いため、

購入の3年後に一度オーバーホールに出しておくことをおすすめします。

それからは、5年おきでも大丈夫でしょう。

ただし、生活防水(3気圧防水ほど)の時計は3年おきが良いでしょう。日本の多湿の環境では汗などで湿気の入り込みが多く心配だからです。

湿気の入り込みは油の劣化や錆の一番の原因となります。

オーバーホールで精度は上がる?

オーバーホールは技師の技量によって多少、結果が違うこともあります。

下手な時計修理技師だと油の加減を多めにしてしまい、オーバーホール前より精度が落ちる場合もあります。

機械油のさじ加減は精度的には、多いより少ない方が良いのです。
(もちろん適正量が一番です)

オーバーホールをすると、精度はそのムーブの基準値内に収まりますが、精度が上がる訳ではありません。

チューンナップではなく、メンテナンスなので過度な期待は禁物です。

クォーツのオーバーホール

クォーツ時計にも、もちろん機械油が使われているので劣化具合によりオーバーホールをした方が良いのですが、あまり勧める方はいません。

しかし、あなたが本当に大切にしたい時計なら、購入してから10年後くらいに一度不具合が無くても出しておきましょう。

ほとんどのムーブ(機械)は生産終了から約8年くらいで補修パーツもなくなりやすく、パーツが無くなればトラブルが出ても修理できなくなってしまいます。

20年そのまま使えるかもしれませんが、20年後のトラブルを未然に防ぐためにオーバーホールをしても良いでしょう。

また、長く使わない時計は電池の液漏れを防ぐため、電池を外しておきましょう。

みんな定期的にしてる?

私が時計の販売職をしていた時の感じでは、機械式時計を定期的にオーバーホールをしている方は3割りほどです。

ほとんどの方は、止まったり遅れが大きくなってから修理として店頭に持ち込まれます。

やはり、交換部品が必要な場合が多く、通常のオーバーホールより多少金額が上がってしまいます。

また、クォーツ時計を積極的に出す方はほとんどいませんでした。

まれに、以前に違う時計で修理不可で悔しい思いをした方が、依頼されるくらいです。

大切にしたいなら

20年30年、また一生使いたいならオーバーホールをしましょう。

特に機械式時計は定期的にすれば本当に一生使えます!

最後に

私の一番長く使っている時計はハミルトンのクロノグラフでムーブはレマニア5100です、19歳の時からもう25年以上使っています。

ページトップの写真は私のハミルトンです。

これからも、大切につかいます。

ちなみに、レマニア5100ムーブはもうハミルトンではオーバーホールは受け付けてくれませんが、レマニアに強いオーバーホール専門ショップに出しています。

普通の時計なら修理専門店も安くておすすめです、
地方の方でも無料見積もり配送パックなどでかんたんに見積もりできます。

時計修理工房公式サイトはこちら スマホやパソコンでも申し込みもできます。

photo by watch-mix

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です