クオーツ時計は寿命が短い?

クオーツ時計は寿命が短い?

機械式時計なら一生使えるけど、クオーツ時計は長く使えないって言うけど本当?

クオーツ時計の寿命についてのギモンに答えます。

寿命が短いか長いかどちら?と聞かれると「短い」と言うしかありません。

なぜなら、電子回路が入っているからです。電子回路の寿命は平均で20~30年だと考えられます。

修理に関しても電子回路の交換部品が無くなると修理不可能になってしまうので、必然的に寿命が短くなります。

スポンサーリンク

クオーツ時計は歴史が浅い

機械式時計はもう100年以上の歴史があり、修理の技術も確立されています。

しかし、クオーツ時計の本格的な登場は1970年代とまだまだ若く、中のムーブ(機械)もコストを意識して造られた物が多く耐久性はまだ未知数です。

正確には、どれだけ長く使えるかは現在でもはっきり言えないのです。

購入して30年ノートラブルで動く時計もあれば、10年以内で壊れる場合もあり耐久性という面ではクオーツ時計は機械式時計より劣っていると言えます。

また、耐久性を考慮して設計されているクオーツムーブは少なく、ほとんどは生産効率と生産コストを考えて設計されているのです。

修理について

クオーツ時計の修理やオーバーホールも、もちろん出来るのですが、基本的には修理部品が無ければ修理不可の判断をされてしまいます。

修理の基本は”ユニット交換”になります。理由はユニットをバラして組み直すよりコストや時間的に有利なためです。
(*電子回路が不調の要因なら、原因追及が難しく修理が困難です)

電子回路が壊れてしまうと、機械式時計のように一点モノのパーツを製作して修理なんてことは出来ません。歯車などは交換できても、電子回路は部品がないと対応が出来ないのです。

現在は修理部品が有る時計も、30年後は分かりません。

長く使えるクオーツ時計もあります

「グランドセイコー」や「ザ シチズン」など一部の高級クラスのクオーツ時計は長期の修理対応を約束しており、安心して使えます。

しかし、長期の修理対応を約束しているのであって、機械自体の耐久性はなんとも言えません。(補修部品のストックが長期間保証されている)

寿命は何年?

まだまだ耐久性は答えが出ていないと言うのが建前ですが、

ホンネで答えれば、30年前後ではないでしょうか(あくまでも個人的な意見です。)

購入後30年も経って交換部品が有るケースはほとんど無く、壊れた場合は修理不可となるでしょう。

クオーツ時計は機械式時計よりメンテナンスに気を使う方も少なく、特にパッキンの劣化により防水性能がほとんど無いまま使用を続け大きなトラブル(特にサビ)になり修理不可になる場合が多数です。

メンテナンスは必要?

もちろんクオーツ時計もメンテナンスが必要です。

機械式時計と同じように機械油が劣化しますし、防水の為のパッキンも劣化してしまいます。

定期的なオーバーホールは不要だと思いますが、長く大切に使いたいなら購入後7、8年後に一度オーバーホールをしておく事をおすすめします。

最後に

機械式時計の方が長く使えるのは間違いありません。

しかし、クオーツ時計でもグランドセイコーやザ・シチズンなど長期の修理対応を約束する時計もあります。

ただ、普通のクオーツ時計は修理部品が無くなると修理不可という事になってしまい、対応策がありません。

クオーツ時計は機械式時計と比べると寿命は短いので、自分でできるメンテナンス(掃除など)や部品が無くなる前にオーバーホールすることをおすすめします。

メーカーで修理不可になってしまった時計でも修理専門店で対応できる場合があるので相談してみましょう。

無料見積もりもできる専門店もあります、時計修理工房公式サイトはこちら

本当に大切にしたい時計や思い出いっぱいの時計は、週に一度は拭き掃除だけでもしておきましょう。

あなたにおすすめ

古い時計でも修理専門店などでは対応してくれる場合もあるので、無料見積もりに出してみましょう。

おすすめは「時計修理工房」さんの配送での修理見積です。

配送修理に心配な方も多いと思うので”配送修理の流れ”をいちど見てみてください、安心して見積依頼できると思います。

>>無料見積もりの流れ:時計修理工房

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です