時計の日付の変え方・合わせ方を分かりやすく解説【ノードグリーン】

時計の日付の変え方・合わせ方を分かりやすく解説【ノードグリーン】 アイキャッチ画像 メンテナンス
スポンサーリンク

【日付がずれて困っている初心者へ】

はじめて日付表示(カレンダー)のある腕時計を買って日付の合わせ方が分からないという人も多いと思うので日付の変え方・合わせ方を分かりやすく解説します。

また、お昼間に日付が変わってしまう場合は時刻が半日ずれていることが考えられます、その場合も今回ご紹介している手順で日付合わせをしてみてください。

今回は、ノードグリーンの時計『Philosopher』を例にしてリューズの操作方法も合わせてご紹介します。

日付の変え方・合わせ方を解説

腕時計の基本的な日付の変え方・合わせ方をご紹介します。

*操作方法が違う時計も一部あります。

「日付の変え方」リューズの操作方法

まず日付合わせをするためのリューズ操作の基本をご紹介します。
*リューズ:時間や日付合わせをするツマミの名前

日付(カレンダー)がある時計のリューズは、

  • 「1段引いて回す⇒日付合わせ」
  • 「2段引いて回す⇒時刻合わせ」

と機能により、2段階のリューズ位置があります。

分かりにくいですが2段階に引き出せます

時計 リューズの解説 ノードグリーン フィロソファー

慣れないと分かりにくいかもしれませんが、わずかですがクリック感があるので何回か操作をするとコツがつかめると思います。

あまり乱暴にリューズを引き出すとトラブルの原因になるので優しく引き出してください。

日付は戻すことはできません、腕時計の日付は必ず進めて合わせます。

「正しい日付の合わせ方」を解説

日付の正しい合わせ方を写真を使いながら解説します。

この方法は日付だけでなく午前、午後もしっかり合わせることができるので、ぜひ覚えておいてください。

まずは手順をご紹介します。

<日付の合わせ方の手順>

  1. リューズを1段引く
  2. 合わせたい日の前日の日付にする
  3. リューズを2段引く
  4. 時刻を進ませて日付を合わせる
  5. 午前、午後に気を付けて時刻を合わせる

となります。

今回は一例として『10日の午後7時に合わせる』場合の手順を写真で説明していきます。

1.リューズを1段引く

本体とリューズに親指を添えて引くと安定します

時計 日付合わせ 1 ノードグリーン フィロソファー

2.合わせたい日の前日の日付にする

10日に合わせる場合は前日の9日にしておく

時計 時刻を合わせ 2 ノードグリーン フィロソファー

3.リューズを2段引く

力を入れ過ぎないように注意しましょう

時計 日付合わせ 3 ノードグリーン フィロソファー

4.時刻を進ませて日付を合わせる

日付が変わったら、午前12時ということになります

時計 日付合わせ 4 ノードグリーン フィロソファー

5.午前7時を過ぎて、午後7時まで針を動かす

これで10日午後7時に合わすことができました

時計 日付合わせ 5 ノードグリーン フィロソファー

ポイント!:正確に時刻を合わせるおすすめの方法

5分ほど針を進めてから合わせる時刻に戻す

時計 日付合わせ ポイント ノードグリーン フィロソファー

*クオーツ時計の構造上、時刻を5分ほど進ませてから逆に戻すように合わせた方がより正確に合わすことができます。
(7時に合わせせるなら、いちど7時5分にしてから7時に針を戻して合わせる)

カレンダーの構造上、午後9時~午前4時の間は日付表示が正しく切り替わらない場合があるので日付合わせ操作をしないようにしましょう。

関連記事

ノードグリーンの時計がめちゃくちゃイイ!時計好きが本気レビュー!
【使用レビュー・クーポン情報もご紹介!】 私はNordgreen(ノードグリーン)という北欧時計ブランドを最近までまったく知らなかったのですが…、気になって色々調べてみると評判どおり「めちゃくちゃイイ!」のひと言でした! それからノード...

コメント