まだ買える!?セイコーアルピニスト「SARB017」ラストチャンスかも?

ネットショッピング イメージ 

まだ在庫のあるショップがあるの!?

2018年3月に生産完了となってしまった、セイコーアルピニスト「SARB017」ですが…

なにげなくAmazonを見ていたら”閲覧履歴に基づくおすすめ商品”ということで、アルピニストが出てきたのです!

Amazonのおすすめ商品 

もうどこにも在庫なんて無いと勝手に思っていたので、「え!?まだ在庫があるショップがあるの?」と驚いてしまいました。

狙っていたひとは最後のチャンスかもしれません!

*この記事の情報は2018年11月時点です。

スポンサーリンク

アルピニスト「SARB017」古典的なデザインと個性的なグリーンが渋い!

*生産完了モデル

セイコー アルピニスト sarb017 公式引用出典「SEIKO

>>Amazonで詳細や価格を見てみる

知らない人向けに簡単に説明すると、セイコーのアルピニストはプロスペックスのアウトドアモデルで簡易方位計がついている山歩きなどにぴったりな腕時計です。*現行モデルのアルピニストとは全く別物です

でも実際は、アウトドアの目的で購入する人はほとんどいなかったと思います。

アルピニスト「SARB017」は、おしゃれなグリーンの文字盤や手ごろなサイズ感など通好みな腕時計で隠れた人気モデルでした。

基本スペックは、定評のある6R15ムーブメントやサファイアガラス・20気圧防水とバランスの良い腕時計でした。欠点はカーフの革ベルトがやや硬く、なじむまでは装着感が悪いと口コミなどで指摘されていました。

私は時計販売をしていたのでこのアルピニストをよく知っていますが、ベルトに関しては肉厚でしっかりしているのですが、たしかにやや硬く滑らかさが足りない印象でした。

装着感が気になる場合は市販品の革ベルトと交換した方が良いでしょう。

現在のAmazonでの価格は?

アルピニスト「SARB017」の希望小売価格50,000円+税なのですが、生産完了しており在庫のみなのでプレミア価格をつけているショップもあるようです。

また、海外から取り寄せて販売するショップもあり60,000円以上の販売価格になっていました。

検討をしている人がいれば早めの購入をおすすめします。

あとがき

ソーラー電波時計・ソーラーGPSウォッチなど最新の時計にやや飽きたって人には、この古典的な雰囲気のあるアルピニスト「SARB017」が刺さるのではないでしょうか。

幅が39.5mmと現在ではやや小ぶりな時計といった感じですが、グリーン×ゴールドの文字盤がとても雰囲気が良くて存在感もあります。

革ベルトだけでなくNATOベルトでカジュアルに着けたり、色々な表情をさせて楽しめる一本。

本当に、今はこの感じの腕時計がとても少なくなって残念です。

気になるひとはぜひチェックしてみてください。

関連記事隠れた名作!セイコー「アルピニストSARB017」いい意味で古典的

この記事でご紹介した時計はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です