ハミルトンの機械式クロノグラフをレビュー【レマニア5100】

ハミルトン クロノグラフ イメージ

私の持っているハミルトンのクロノグラフをご紹介します。

今では、希少なムーブメント

レマニア5100搭載です!

購入して25年以上ですが、まだメインの時計として使っています。

ただ、搭載してるレマニア5100ムーブが正式にはオーバーホール対応不可になっており、これからのメンテナンスが少し心配です。

ハミルトンHTCクロノグラフ

1990年頃のモノマガジン系の雑誌で見た記憶があるのですが、ハミルトンでハイテククロノグラフ*「HTC」というシリーズが有ったと記憶しています。
(*HTCが何の略称かはハッキリ覚えていないので、間違えているかもしれません)

この時計はクロノグラフではシンプルなデザインで、他にも金色コンビタイプや革ベルトタイプもあったと思います。

現在でもハミルトンは多くのクロノグラフを造っているのですが、

搭載されているムーブメント(機械)はバルジュー7750(ETA7750)がほとんどで、レマニア5100は本当に短期間だけ採用されていたようです。

デザイン

とてもシンプルなデザインで、ベゼルは回転ベゼルになっています。

ハミルトン クロノグラフ アップ ハミルトンのロゴはイタリック

特徴的な飛行機針(クロノ分積算針)

ハミルトン クロノグラフ 飛行機針 分積算針が飛行機の形に!

シャツの袖にぎりぎり入る厚さ

ハミルトン クロノグラフ サイド 適度な厚み、リューズに旧ロゴマーク

レマニア5100の特徴

  • センター軸に4本の針が有る(時、分、クロノ秒、クロノ分)
  • クロノ分積算針がセンター同軸になっていて、何分経過したかが非常に見やすい。
    (飛行機の形をした針先になっています)
  • 24時間針が12側についている(独立制御はできない)
  • 通常の秒針は9時側
  • クロノの時積算針が6時側
  • ムーブメントに多数のプラスチック製部品を使用(良し悪し別として独特)

使ってみて思うこと

私が20年以上使ってみて思うことです。

良いところ

  • やはりデザインがきれいで、センターに停止している赤いクロノ針が良いポイントになっている。
  • クロノグラフ機能が実用的(何分経過したか飛行機針で見やすい)
  • 厚みはあるが、やや小ぶりでサイズ感がよくスーツなどにも合わせやすい。

気になるところ

  • ハミルトンではレマニア5100の正式なオーバーホールは受け付けておらず、個人の修理ショップに頼っている。
  • リューズパッキンが入手不可能で交換できず、非防水なので夏場や雨の日は気をつかう。

最後に

たしか20歳の時に読んでいた雑誌に、このハミルトン クロノグラフが紹介されていました。

一目ぼれして、もう25年以上たちましたが今でもカッコいいと大満足しています!

ムーブメントも特徴的で、飛行機針もいい感じです。

オーバーホールが少々高額になるのと、防水がダメなので夏場や雨の日が心配など気になるところもありますが、これからも大切に使っていきます。

photo by watch-mix

時計 Begin (ビギン) 2017年 冬号 [雑誌] 時計Begin

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です